井戸の中【完】

邪神 白猫




「おいっ!! つまみはっ!? いつまで待たせんだっ!! 」

 畳に寝転がり、酒を片手にテレビを見ている父親が、台所にいる母親に向けてそう怒鳴り散らす。
 いそいそと台所から出てきた母親は、父親の側まで近寄ると口を開いた。

「ーーごめんなさい、待たせちゃって……」

 手に持った皿を差し出すと、それをチラリと見た父親は思い切りその手を叩いた。

「きゃ……っ! 」

 手元から離れた皿は畳に転がり、驚いた母親は小さく声を漏らした。

「こんな不味そうなモノ俺に食わせるのかっ?! 」
「ごっ……ごめんなさい」

 叩かれた手を抑えながら、ビクビクと怯えて謝る母親。
 そんな母親に怒鳴り散らす父親は、鬼の様な形相で持っていたグラスを壁に叩きつける。
 ガシャーンッとグラスの割れる音が部屋中に響き、驚いた俺はビクリと肩を揺らすと縮こまった。

 外では複数の女性と関係を持ち、家では酒を呑んで酔っ払ってはこうして母親を怒鳴りつける父親。
 そんないつもの光景に、部屋の隅で蹲《うずくま》る俺はただ黙って時間が過ぎるのを待つしかなかった。

「しけた面しやがって。あーっ気分悪ぃ」

 そう言って大きく舌打ちをした父親は、酒ビンを蹴飛ばしながら部屋を出て行く。
 きっと女の人のところにでも行くのだろう。
 パシンッと玄関の扉が閉じる音を確認した俺は、パッと顔を上げると母親に駆け寄った。

「……お母さん……大丈夫? 」
「うん、大丈夫。……ごめんね、公平」

 俺の頭を優しく撫でる母親は、そう言って悲しそうに微笑む。
 畳に膝を着き、そこに散らばった食事を拾い始めた母親。
 その手元を見ると、先程叩かれた右手は真っ赤に腫れ上がっていた。

 あんな奴……早く死んじゃえばいいんだ。
 拳を握りしめて下唇を噛んだ俺は、足元にいる母親を見下ろして一筋の涙を零した。
 頬に流れる涙を気付かれない様にこっそりと拭うと、母親のすぐ横にしゃがんで片付けを手伝い始める。
 そんな俺を見た母親は、「ありがとう」と言って今にも泣き出しそうな顔をして優しく微笑んだーー。



「井戸の中【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く