一家に一つ拳銃を【完】

ふわふわだよ

研究所

「ということで、みなさん。休校です。」
教室が先生の一声で静まり返る。
鉄雄が隣の席から囁いてきた。
「おい、これ昔もあったよな。何か忘れたけど新型の風邪みたいになるんじゃね?パンデミックっやつか。」
太郎はうんと適当に流した。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

研究所ではまた新たに被験者(死亡しているが)を使って実験を始めていた。

博士(一番偉くてひげ生やしてるやつ)が田中に聞いた。
「田中君、今どうなってんの?あの逃げた方の。」
「どこにいるのかはわかりませんが、生きています。これを見てください。」
田中はパソコンの画面を見せた。
その画面では心臓の状態や体の動きなどを計測してあった。
「ほう、やはりわしの言ったとおりにしてよかったじゃろ?」
「はい、そうですね。」
博士は満足した顔で研究所を出て言った。

「一家に一つ拳銃を【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く