一家に一つ拳銃を【完】

ふわふわだよ

なんでよ

それから数カ月が経った。
太郎もニュースの件のことはすっかり忘れていた。

生き返ったニュースはしばらく続いていた。
太郎はそのせいで毎朝ニュースを見る癖がついてしまった。

いつもの様にニュースを見る。
太郎は驚いた。
「え、逃げた?」
『あのー、これは流石に大丈夫ではないですよね。』
『はい、生き返った人間が施設を出たというのはとても大変なことです。』
『で、今まで施設の場所を公開してなかったというわけですが、場所を教えてくださるということですね』
CMが流れたあと施設の場所が言われた。
太郎の住んでいるところは群馬県。
太郎は自分たちの住んでいる県ではない事を願った。
『施設のある場所は群馬県です。』
「なんでよ。…」

「一家に一つ拳銃を【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

  • 邪神 白猫

    お互い執筆頑張りましょうね(o'ω'o)ノ
    応援しています♡

    1
コメントを書く