一家に一つ拳銃を【完】

ふわふわだよ

まじかよ。

家に帰ってテレビをつけてみた。
『えー。ニュースです。』
ニュースが始まる音楽が流れた。
『いやー、これは凄い事が起きてしまいましたね。』
太郎はいつもの大袈裟なニュースだろうと思っていた。
太郎はニュースの題名を見てしばらく言葉が出なかった。
「え。…」
そこには「人間を生き返らせる事に成功」
とかかれていた。
太郎は思わず「まじか…。」と言った。
いや、太郎が驚いたのはそれだけではなかった。
「日本で生き返らせるのに成功した!?」
太郎は昨日のカニよりも興奮した。


「一家に一つ拳銃を【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く