話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

一家に一つ拳銃を【完】

ふわふわだよ

スゲー話。

学校に行くと友達の鉄雄が太郎に話しかけてきた。
「なあ太郎!スゲー話聞いたんだけど。」
「何?」
教室のドアの前で太郎はたちどまった。
「死んだ人間が生き返ったらしー」
「え…」
「多分今日もそのニュース有るから見たほうがいいよ!」
「うん。」
太郎は何を言っているのかわからないと言う顔で教室に入っていった。

「一家に一つ拳銃を【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く