一家に一つ拳銃を【完】

ふわふわだよ

カニ

太郎は学校から帰ってきて、母がいつものように太郎に向かっておかえりなさいと言った。
「ただいまー」
「今日の晩御飯は?」
「今日は蟹よー!」
「蟹!?やった。」

テレビからニュースが流れていた。
お婆ちゃんお祖父ちゃんあと、父と母でご飯を食べる。
「あれ?次郎は?」
母が小さな声で言った。
「風邪気味だから寝かせてるの。今日は静かにしてね。」
「わかった。」

次の日、学校ではニュースの話でもちきりだった。

「一家に一つ拳銃を【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く