話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

一家に一つ拳銃を【完】

ふわふわだよ

始まりはゾンビから

僕はごく一般的な家庭に育った。
太郎です。
中学一年生だ。


だが、その「一般的」な生活が崩れることになった。まぁ、それもそれで同じような目にあった人はたくさんいるのだが。

時は3014年。
科学もある程度進歩していた。
未来と言ってもどこでもドア的な奴は出てこなかった。異世界なんて存在しなかったこともわかってきた。
そんな中世界的に大きな事がわかり始めていた。

「一家に一つ拳銃を【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く