話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Imaginary Online

「S」

クエスト14:『途上』

「そういえばさ」

帰り際、途端に口を開くマサ。
そこに皆の視線が集まり、マサはふと思ったことを口にした。

「俺、皆が剣を抜いているところ見たことないんだけど」

唖然とする空気。
問われた疑問に対し、皆は驚き気味に視線を交わし合うのだが、

「そういえば……」

「そうだねー」

「それじゃあ、今度……」

頬は徐々に緩み、周りの視線は一気に背後の者へと集中される。
その視線に気づいてか、そこにいたイフは自然と口を開いた。

「……ああ、今度見せてやるか」

「……?」

平然と答えたイフ。その反応に、少し違和感を覚えるマサ。

何もかもを順調に済ませているのに、そのせいなのか胸の奥に何かが引っかかっている。しこりのような、詰まりのような、そんな感覚がある。

そして不思議と、今までのことが脳裏を過ぎる。

イフたちとの出会い。仲間救出が掛かったデュエルの達成。イフの記憶探しの旅、一応の完結。

どれも問題なく進んで、終わりを迎えているというのに、心の中が少しばかり落ち着かない。

「おーいマサ、早く来いよー」

「……あ、ああ。今行く」

立ち止まっていた足。飛び交う呼び声。

俯き気味だった顔をふと見上げれば、少し離れた先で夕日に並び立つ皆がいる。

仲間がいない今、彼等の存在は悪くはないものだと、そう思いながら重たい足を上げて一歩一歩を踏みしめる。


――ただ、


この瞬間にも若干の胸騒ぎが起こっている。

けれどもそれは、自分の考えすぎなのではないかと思い、見過ごした。


それでもそこにあったのは――、


もしかしたら、もしかしたらなのだが、
この冒険はまだ、始まってすらいないのではないか。


そういう疑念だけが、残っていた――。

          

「Imaginary Online」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く