話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

白練

高月泉

第6話 花の悪戯 怜悧

貴方の背中はあの絵のような曲線の美を描いてない。だが、私の好みである。目線を下にすると、丸い水蜜桃が見えてくる。

肉付きの良いすっきりとし足に風呂上がりの甘い香り……そのお身体が私の官能を刺激された。

そんな、芸術的な体の持ち主である漣は、今まさに私の腕の中いる。 

抗ない恋の法則と背徳を抑制不能に陥った私は、 漣のドレスとズロースを脱がせた。

誰にも気づかれぬように二人だけ呼吸を合わせ、心を通わいながら、漣の肌に私の余韻を残したい。漣の身体に秘められた野生の娜さを覚ませたい。

首筋から胸元へ。 

麗しく含羞した小さいお顔と反比例な大きくて、まろやかな乳房に薄い茶色の乳首。日焼けが染み付いた肌に薄い茶色の乳輪が目立つ。

少女特有の柔らかみのある胸を揉み上げると遂、口に含んだ。蕾に吸い付く。舐めて、甘噛み。また舌で蕾をつつきながら漣の顔を見上げるエロティックな視線。

硬くなってきた魔性の乳首は魅惑的で赤いチェリーのように可愛らしい。

「すごく美味しい……」

ゆっくりと下腹部に降りて行く、両脚を広げさせ、目の前に色素の薄い清楚な花が咲いた。女薔薇の蕾は半分咲き、マグマが出てくる熟れた漣の秘部に口を付けた。

「本当に綺麗……」

分かち合えるこの甘美な瞬間。 

「はぁっ……漣の身体は素直でいいわ……」

漣の匂いを私の身体に残したい。
恋は密かに広がり、心が暖かくなった。
恋の藤蔓は私たちを絡まっていく……

この身体は美しくてイヤラシイ……

「白練」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く