学園護衛(タイトル適当)

おりごおり

2話

「……わかった、受けよう。だが」

「雪ちゃんに被害を加えないこと?」

(……。このクソアマ!)
思わず心の中で毒づいてしまう。
そもそも何故俺なのか。分からないことは沢山あるがここは受ける以外に選択肢はなかった。

「よし、車を出して。今すぐ行くわよ」

「は?」

困惑している俺を放って少女は指示を出す。
その中には俺の手錠を外すものも含まれていた。体さえ自由になればここから逃げ出すことなど容易いが、妹の雪を人質に取られている以上逃げ出す選択肢はありえない。

「さぁ、車に乗るわよ!」

どこに向かうかも分からぬまま車に乗せられすぐに出発した。








「さぁまずは自己紹介といきましょうか。」

車の中突然少女は俺に話しかけてきた。

「私は華乃、橘華乃よ。」

「…菅木谷すがきやフラルだ。」

「やっぱりハーフだったりするのかしら?名前的に?」

「あぁ。母さんがロシア人だった。」

「お父さんはどうしてるの?」

「さぁな。金だけ持ってどこかへ行ったよ。今更なんの感情も浮かばんが」

「……そう。わr「お嬢様。到着しました。」わかったわ、下がっていいわよ」

橘華乃が何かを言おうとしたが執事に言葉を遮られる。
それから別の執事がきて俺と橘華乃をつれ、バカでかい屋敷の中を先導する。

(……いや、金持ちか!)

「着きましたお嬢様。」

そのまま案内された部屋に入る。
そこには、

「兄さん…?」

(なんでここに…!)

妹の雪が素人目でも分かるほど上等そうな服をきて椅子に座っていた。雪は俺を視認すると唐突に立ち上がり俺の近くまで来ると俺に…

パチンッ

ビンタした。
急な痛みにビックリして目を白黒させていると雪は目に涙をため、これまでに溜めてきた感情を吐き出すように口早に言葉を紡いだ。

「今までどこにいたのですか!!それに捕まったってどういうことですか!!!兄さんはもっと私を大事にするべきです!兄さんまで居なくなったら私は……どうすればいいんですか?」

後ろから鈍器で殴られたような感覚に陥った。何故こんな簡単なことにも気づけなかったのだろう、などと今になって後悔した。

「雪…ごめ「許します!今、兄さんが生きて私の前にいてくれてるので許してあげます。」」

「本当に、良かったです……」

「あぁ、すまない。」

泣いている雪をなだめていると急に橘華乃に声をかけられた。

「そろそろいいかしら?」

「…どういうつもりだ?何故俺と雪を会わせた。逃げ出す可能性を考えなかったのか?」

「兄さん失礼ですよ?華乃さんは私たちを助けてくれたのですからもう少し言葉使いを改めるべきです!」

「は?」
(は?)

「まぁとりあえずフラルには少し話があるから雪ちゃんにはもう少しだけここで待ってて貰うわ」

そういうと橘華乃は強引に話を切り、俺を隣の部屋に移動させた。

「……話ってのは?」

「私があなたを雇ってあげる。護衛として。もちろん雪ちゃんとフラルの生活は保証するわ。どうせまともな職につけないだろうし、まずあなたに拒否権はないわ」

俺に選択肢がないことを察し橘華乃の提案を呑んだ。



部屋に戻るなり雪に話しかけられる。

「おかえりなさい兄さん。話は終わりましたか?」

「あぁ。一応終わったよ。」

「フラルと雪には来月から私と同じ学園に来てもらうわ。」

「おい待て。俺は勉強なんて出来ないぞ。」

「私もあまり勉強できる環境ではなくて……」

そこで橘華乃に悪魔のような宣告を受けた。

「せめてその学園の学力レベルまでは頑張りましょうか?」


「学園護衛(タイトル適当)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く