私の赤点恋愛~スパダリ部長は恋愛ベタでした~

霧内杳

4-3.よく頑張りました

帰りは佑司の命令通り、タクシーを拾った。
乗っている間に携帯をチェックする。

【疲れた。
帰りたい。
帰ってチーをぎゅーっとしたい】

【接待、ヤダ。
行きたくない。
帰りたい。
帰っていい?】

なんだか帰りたいと繰り返している佑司に大きなため息が出る。
涙目の眼鏡男子スタンプもいっぱいだけど、そんなに接待ってつらいんだろうか。
竹村課長とか喜んで行っているけど。

【接待っていったってお仕事なんですよ?
帰っちゃダメです】

【帰ったらぎゅーってしてあげますから、頑張って】

時間的にもうはじまっているだろうから、これを佑司が見られるかはわからないけれど。
それでも送っておく。

今日はやっと契約に漕ぎ着けた、瀬戸レモンさんとの接待なのだ。
しかも最終、佑司があたまを下げたので先方も折れてくれた。
なのに彼が接待にいないとか、先方の機嫌を損ねるようなことはしてはならないのだ。

佑司とのトークから別の人に切り替える。
今度は――駿から。

【お疲れ。
間違ってブロックとかチーらしいー。
復活してもらったえてよかった】

【なんというかさ、直接あやまりたいんだ。
だから、会ったとき話す】

【メシが無理ならお茶だけでも。
とにかくチーにあやまりたいんだ】

なんでこんなに、駿は私にあやまりたいんだろう。
あやまってほしい、ならわかるけど。

悩んで悩んで、答えなんか出ないうちにマンションに着いていた。

「駿に返事ー」

仕方ないので私の必殺技、TLノベルを読み漁る。
でも読んでも読んでも昔付き合っていた人に食事に誘われ、なんと返事していいかなんて書いていない。
ただわかるのは軽率に誘いに乗ると、あとあと面倒だってことだけ。

「ううっ」

――ピコン!

不意に携帯が通知音を立て、ポップアップが上がる。

【いま終わった。
いまから帰る】

「えっ、嘘?!
もうそんな時間?」

時計はすでに十時を回っている。
それほどまでに集中して、TLノベルを追っていた。

「ごはん、食べてない!
いまからケータリングとか取れないし……」

黙っていたらわからない?
食器はもう、返したとか言っちゃえば。

おなかは空いていたので冷蔵庫を漁る。
冷凍うどんと明太子、エリンギがあったので明太バターうどんでバタバタと済ませ、バレないように食器を片付けた。

「ただいまー」

「おかえりなさい」

帰ってきた佑司が私にキスしてくる。
最近は頻繁な佑司の挨拶キスも、そんなもんだとしか思わないようになった。
慣れって怖い。

「チー、お前、晩メシ食ってないだろ」

「えっ、なんでですか……?」

堂々としてなきゃダメだってわかっているのに、視線が定まらない。

「コンシェルジュに訊いたらケータリングは頼まれてない、って」

「うっ」

ああ、そこで確認したんだ。

「それで。
メシ、食ってないだろ。
なんか作ってやるからちょっと待ってろ」

足早にキッチンへ向かっていく佑司を慌てて追う。

「その。
ごはんは食べたので。
簡単、だけど」

「本当か?」

ガラッと、食洗機の引き出しを彼が開ける。
当然ながら朝食に使った食器以外、なにも入っていない。

「嘘つき」

「食べたけど!
佑司にケータリング取ってないのバレたら怒られると思って、食器は片付けたから!」

なんでこんなことで喧嘩しなきゃいけないのだろう。
そもそも、私が悪いのはわかっている。
でもこんなに疑われるなんて思わなかった。

悔しくて涙が出てくる。
でも泣いているなんて思われたくなくて顔を上げたら、佑司と目があった。
泣きだしそうに歪む顔。
伸びてきた手がぎゅっと、私を抱き締めた。

「……ごめん」

私を抱き締める佑司の身体からは知らない香水のにおいがする。

「八つ当たり。
ほんと、ごめん」

震えている声。
震えている身体。
私に八つ当たりするなんて、接待でなにがあったんだろう。

「佑司?」

「ほんとごめん。
ちょっと疲れちゃってさ。
それで」

縋るように私を抱き締めたまま、佑司はちっとも離す気配がいない。

「なにかあったんですか」

「んー?
チーは知らなくていいこと。
いつものことだし」

ゆっくりと彼が私の身体を離す。
見上げて目のあった、レンズの奥の目は、赤くなっていた。

「風呂、入ってくるわー。
先方の女社長さん、香水がきついの。
おかげで服にまでついて気持ち悪い」

なんでもないように佑司が笑うから、それ以上は追求できなかった。

「おやすみ、チー」

「おやすみなさい」

いつものように私が頬へ口付けし、佑司は私を抱き締めて布団へ潜っていく。

「佑司」

「なに?」

「今日はよく、頑張りました」

いい子いい子とあたまを撫でてあげる。
佑司はなぜか、二、三度パチパチとまばたきをした。

「どうした?」

「その。
……今日は帰ってきたら、ぎゅーっとしてあげるって約束だったので。
代わりに」

言いながらみるみるうちに顔が熱くなっていく。
でもこれはTLヒロインらしいセリフで、合格では?

「……もっとやって」

ちゅっと軽く、佑司の唇が触れる。
うん、やっぱり合格だったみたいだ。

「はい」

少しだけ硬い髪を、そーっと撫でる。
佑司は目を閉じ、私に撫でられる一護そっくりな顔でうっとりしていた。

「佑司?」

「すー」

気がついたときには佑司は眠っていた。
帰ってきたときとは違い、穏やかな顔で。

本当に接待で、なにがあったんだろう。
いつものこと、とか言っていたし。
気になるけど、訊きづらい。

「いつか、話してくださいね……」

規則正しい寝息を聞いていると私も眠くなってくる。
佑司に身体を寄せて、目を閉じた。

「私の赤点恋愛~スパダリ部長は恋愛ベタでした~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く