私の赤点恋愛~スパダリ部長は恋愛ベタでした~

霧内杳

3-5.TLノベルは参考書

食事が終わって片付けも済ませると、佑司はカフェラテを淹れてくれた。

「チー」

なんだか知らないが、私を抱き締めてにこにこ笑っている。

「仕事が終わって家に帰っても、チーと一緒にいられるとか、最高」

なにが最高なのだろう。
ひとりの方が楽でよくない?

佑司は腕を緩めてくれそうにないので、抱き締められたまま過ごす。

「なに見てんの?」

ひょいっ、と私の手から佑司が携帯を奪う。

「小説?」

「ちょ、返してください!」

意外とあっさり、彼は携帯を返してくれた。

「なーなー、なに読んでんの?」

でも私を抱き締めたまま後ろから携帯を覗き込んでくるから、慌てて画面を閉じる。

「なに読んでたの?
慌てて消すとか俺に見られると疚しいもん!?」

私を後ろに向かせ顔を覗き込んできた彼は、ブーッと唇を尖らせていた。

「別に、ただのネット小説ですよ。
あ、そろそろお風呂に入った方がいいんじゃないですか」

「……怪しい」

さらに眉間に皺がよるほど顔をしかめ、ジト目で私を睨んでくる。
その顔にはぁーっとでっかいため息が漏れた。

「ほんとにただのネット小説ですって。
ほら」

しょうがないのでさっきの画面を開き、佑司に渡す。

「これってなんか、面白いの?
空想より俺よ実践する方が楽しくない?」

そんなことを言ってくるあたり、さすがスパダリ様だ。
ちなみにさっき私が読んでいたのはTLノベルだったりする。

「そーですね」

「……チー、棒読み」

どうでもいいが指で、私の肩をぐりぐりしないでくれ。
穴が開かないか心配になってくる。

「ほら、もうお風呂に入りましょう?
明日も仕事なんですし」

「そうだな」

なぜか電気でもついたみたいにパッと佑司の顔が輝く。
なんだか嫌な予感しかしないんだけど。

「じゃ、お先にどうぞ」

「ん?
チーも一緒に入るに決まってんだろ?」

そんなの当たり前だろ?
そんな顔で私を見ていますが。
やっぱりですか。

「失礼ながらまだ、そこまで深い関係ではないので」

「えー、俺はチーと入りたいー」

だだこねても知りませんよ。

「……私はここ、出ていってもかまわないので。
アパートもまだ、あのままですし」

「……わかった」

とぼとぼと歩いていく佑司の、犬耳はぺっしゃんこになっているし、尻尾もくるんと丸まっている。
はぁーっ、大きなため息が漏れても、罪はないと思う。

「代わりに。
あとでいいこと、してあげますから」

「なになに!?」

さっきまでとは打って変わって、ちぎれんばかりに尻尾を振っている佑司には、苦笑いしかできない。

「内緒です」

「わかった!
今日はひとりで入る!」

スキップしそうな勢いで彼は浴室へ消えていった。
扱いやすいというか、なんというか。
そういうところはちょっと、可愛いな。
ずっと年上の男性にそれはあれだけど。

「佑司と実践、か」

さっきのページを再び開き、続きを読む。

もともと私はTLなんてあまり読んだりしない。
でもこれはそれこそ――佑司と実践するために必要なのだ。

前の人みたいに不正解の連続で佑司を傷つけたりしたくない。
だから参考書にTLノベルを選んだ。
そこに書いていることをやれば、正解なはずなのだ。
それに佑司はTLのスパダリを地でいく男なんだし。
読んでいてもちっとも共感はできないが、私にはこれをたくさん読む必要があるのだ。

「上がったぞー」

「はーい」

ご機嫌に入浴を済ませてきた佑司と入れ替わりで、私もお風呂に入る。
上がってほてりも治まり、ベッドに入った。

「佑司。
……おやすみなさい」

ちゅっ、頬に、だけど自分の唇をつける。
みるみるうちに佑司の顔が輝いていく。

「チーがキスしてくれた!」

「えっ、ちょっ!」

ハイテンションになった彼が、私を押し倒す。
そのまま、顔中に口付けを落とされた。

「チー。
……したい」

私の上から、佑司が見下ろす。
レンズない瞳は、とても純粋に見えた。

「……ダメ?」

そっと彼の手が私の頬に触れる。
少しだけ泣きだしそうに歪んだ目。
けれどいいよと言うには私に、覚悟がない。

「……ダメ」

「……はぁーっ」

佑司の口からため息が落ちる。

失望させた?
いいよと言うのが正解?
私の意思には関係なく。

「じゃあ、しょうがないなー」

彼はそのまま、私をぎゅっと抱き締めて布団の中へ潜った。

「チーの嫌がることはしたくないからな。
俺だけ気持ちいいとか嫌だし」

「……」

「おやすみ、チー。
いい夢を」

ちゅっ、軽く触れるだけのキスをされた。
視線があうと、目を細めて笑う。
それだけでなぜか、心臓が切なく締まる。

「……おやすみなさい」

目を閉じ、ゆっくりと息を吐き出した。
私には恋愛の正解がわからない。
こんな私で佑司は本当にいいんだろうか。

「私の赤点恋愛~スパダリ部長は恋愛ベタでした~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く