女嫌いは夜空に手を伸ばす -プロトタイプ-

霜月トイチ

-Prolog- 女嫌いは星を見上げない

 ――女子というものは、星みたいなものだと思う。

 小さくて、綺麗で、輝いている。見渡せばそこら中にいて、文字通り星の数ほど存在している。しかし、その距離感が掴めず、いくら手を伸ばしても届かない。

 でも、たった一度だけ手が届いたことがある。
 すごく、幸せだった。誰も彼もが星を崇めるのは、それを手に入れることで幸せになれるからなんだと思った。

 ――しかし、その幸せは嘘だった。
 その星は夜が明けるのも待たず、流星のごとくどこかへ行ってしまったのだ。
 そこでようやく思い知った、星の本当の正体を。

 星というものは本当は小さくなんかなかった。実際は信じられないほど大きい。
 そんなもん、手が届いても手中に収まらない。

 星というものは本当は綺麗なんかじゃなかった。実際は歪に凸凹した岩石の塊。
 そんなもん、手が届いても手のひらがズタズタにずる剥けてしまう。

 星というものは本当は輝いてなんかいなかった。実際は超高温で燃えているだけ。
 そんなもん、手が届いても大火傷を負うだけだ。

 そう、あんなにも美しいと思っていた星は、近寄ってみれば醜いだけのものでしかなかったのだ。

 なぜそんなものを手に入れようとしたのだろう。なぜ手を伸ばしたのだろう。なぜ手を届かせたのだろう。
 よく考えてみれば、太陽や月とは違い、星なんてこの夜空から消え失せても何も困りやしない代物なのに。

 それでもふと気付くとまた、夜空を仰いでいることはある――――けれどもう、それは星を見上げているわけではなくなっていた。

 だってもう、知ってしまったから。

 星とは、見上みあげるものではないのだ。
 むしろその逆の、見下みおろすべきもの……いや、

 見下みくだすべきもの、だということを――。

「女嫌いは夜空に手を伸ばす -プロトタイプ-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く