転生しているヒマはねぇ!

地辻夜行

44話 消滅

「きんぴらごぼう‼」


 7世界目に早くも出てきたニホン料理に、思わず店の空気にそぐわない大きな声を上げてしまった。
 だが、それも仕方ないだろう。
 チョイスが渋い!
 やるな料理長!


「このメカダイモとポルコデビルの混ぜもの。
 美味しい。素朴な味わい」

「ああ、ニホンでは肉じゃがって言います」

「この透明の酒も、甘辛くて美味しい。喉ごしが良い」

「いや~、本当に嬉しいな。これ、米から作るんですよ」

「米⁉ マタイラにも米はある。でも、この酒はない。
 ダイチが転生出来なかったのは、マタイラの損失!」


 どうやら、とても気にいったようだ。
 しかし、使ってる食材はニホンの物ではないとのことだったが、味は大差ない。
 凄いな、マーシャ料理学校卒業者。
 日本酒を、今朝から夜までの短時間で、どうやって用意したかは知らないが……。


「……ダイチは、やはり現界に転生したいか?
 必ずしも、自分の望む転生先でなくても?」


 料理と一緒に運ばれてきた箸を置き、料理を見つめながらラヴァーさんは、ぽつりぽつりと言葉を紡ぐ。


「……私は400年くらい前に、マタイラに来た。
 私自身の希望は人類への転生だったが、結果は神への転生だった。
 旅をしながら商売をする、本当に小さな一族が信仰した神だ。
 転生から5年経ったある日、一族は自然災害に巻き込まれ全滅。祈る者がいなくなった私も、その役目を終えた。
 でも、わずか5年でもその時間は、とても輝いていた。
 直接助けることはかなわなかったが、信仰心の特に強い者に対し、夢という形で助言を与えたり、商売敵の信仰する神とにらみあったり。
 前世でも感じた、生命の輝きを間近で見ていたよ。
 次に生まれ変わる機会があったなら、自分も同じように輝きたいと思った」


 ラヴァーさんは言葉を止め、天井を見上げる。
 ノックをして、料理を乗せた台車を押して部屋に入ってきたウェイターが、5世界分の料理と酒を置いていく。
 ウェイターが部屋を出ると、ラヴァーさんは話を再開する。


「でも、冥界に戻って来た私は、活力のない冥界の魂を目の当たりにしてしまった。
 ……驚いた。現界と冥界の、魂の輝きの差に。
 一部の例外を除き、ほとんどの魂は、冥界での生活に希望を見出だせないでいる。
 冥界を運営する為に、冥主から分魂され、先に分魂された魂の指示に従うだけの日々。
 私は目を逸らそうとした。
 ヒトへの転生が決まったからだ。
 私には関係ないと。
 冥界で分魂の魂が消えても、また冥主が分魂するだけ。
 分魂した分はすぐに回復するとも聞いた。
 そんなものは、命とは言えない。道具だ。
 壊れたら新しい道具を用意する。ただそれだけ。
 でも、私が転生する日、私の転生先への注魂係りが、目の前で消滅した。

『やっと終われる』

 私と同じAIでありながら、私と同様に魂を得た友の、最後の言葉と同じだった」


 ラヴァーさんは大きく息を吐くと、オレを見つめた。


「ダイチ。分岐路に立ったのなら、少しでも自分が後悔しないと思う道を選ぶしかない。そして、選んだ道を全力で歩めばそれで良い。
 結局、進んでみなければ、どうなるかはわからないのだから。
 AIの時に出会ったヒト族の親友は言った。
『魂の全てを賭けなくて、命の何が面白い?』
 私の座右の銘だ。
 これを支えに、がむしゃらに冥界に刺激を与えていった。
 でも、磨耗の度合いは減らせても、結果を変えることはできていない。
 千年もつ魂が、千百年もつようになっても、冥界の中ではさして変わりはない。
 正直、不安だった。私の選んだ道は不可能の道なのかと。
 でも、ダイチが希望をくれた」


「オレですか⁉」


 すっとんきょうな声をあげるオレに、しっかりと頷いて見せる。


「アイシスの件。いや、ンボと監視課の課長もそう。
 ダイチと関わった魂の仮体に若返りの兆候が確認されている」

「いやいや! アイシスは確かに俺が関係してるかも知れないですけど、ンボさんは周囲の評価のお陰でしょう!」


 そう。最近、ンボさんは若々しくなった。
 アイシスほど顕著ではないけど、肌のハリツヤが以前よりかなりよくなっている。
 ンボさんの長所はそのままに、活力が増した印象だ。


「直接的にはそう。でもその周囲の評価に、ンボはダイチの存在なくしては、永遠に気づけなかった。ダイチとンボの友情が、今回の結果を導いた」


 ……なんか嬉しいな。オレ、ンボさんの役にたてたんだ。


「課長も同様。ダイチの存在なくしては、チェリーに罵倒されることも、自分の性癖に気づくことも、永遠になかった」


 うん。こっちは別に嬉しくない。


「ダイチは私に希望を見せてくれた。
 これまでの私の対策に何が足りなかったのかに、気づかせてくれた。
 私の不安はダイチに会えたお陰で解消されつつある。
 次はダイチの番。
 魂魄に溜め込んでる気持ちを、吐き出してほしい。
 私は感情表現が下手。聞き役としては落第かもしれない。
 ただ。口外しないことは、誰よりも約束できる」


 ラヴァーさんは、異世界の料理に箸を伸ばしていたオレの手に、彼女の小さな手を、しっかりと重ねた。

「転生しているヒマはねぇ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く