転生しているヒマはねぇ!

地辻夜行

33話 パーティー(前半)

「それでは、カワマタダイチさんとンボドロゴさんの昇進を祝って!  乾杯!!」

「「「「「乾杯!!!」」」」」


 一昨日に来たばかりだというのに、オレとンボさんは、また『い〜と魔鬼魔鬼』に来ていた。
 ただし、今日は二人ではない。


「ハッハッハ! 今日は経費で落ちるようじゃ! 遠慮せず飲み食いすると良い!!」

「姉さん。はい、アーンして」

「経費ではない。私の奢り」

「おや?  ケチなあんたが、随分気前が良いじゃないのさ」

「おめでとう、ダイチ。私も自分の事のように嬉しいよ」

「ダイチさん、まずは記念に角合わせを!」

「もう昇進を果たすとは……。さすがはダイチさんでござんすな」

「チェリー様! 是非、私めを椅子に!!」


 昇格人事の欄には、オレの名前だけでなく、ンボさんの名前もあった。
 オレと違って部署の異動はない。

 異世界部 迎魂課 受付係 係長 ンボドロゴ

 これはもう祝うしかないと、昼休みに役所の食堂でンボさんと計画をたてていると、いつの間にかオレの背後にラヴァーさんが立っていた。


「その話、預かる。二人とも魂魄信号交換の準備を」


 俺たちはまるで催眠術にでもかけられたかのように、突然現れたラヴァーさんに異議を挟むこともできず、望まれるがままに手を差し出し、魂魄信号交換を行った。


「終業時刻に同時連絡する。二人とも予定を空けておくことを希望」


 言いたいことだけ言って立ち去る彼女に、なんだか話を続ける気を奪われてしまいそのまま解散した。

 そして本当に終業時刻ジャストに、『い~と魔鬼魔鬼』5時半集合とだけ連絡を受け、二人で来てみたらこの状況である。

 マーシャに秘書5人、植物部とンボさんの所属する異世界部の方々、それに部外者のノラやまったく知らない顔までが、関係者面して、テーブルについている。
 完全にこの集団の貸切状態。
 早くても今日の昼の予約であったろうに、よくキープできたもんだ。


「ラヴァーさん、これはいったい?」


 オレはともかくンボさんは、完全に固まっている。


「二人の昇格祝い、及びダイチ歓迎会、及び先行投資」

「先行投資?」

「肯定。私は居住界のほとんどの飲食店のオーナー。この店もそう。元人類部モニター係の男にこの店の運営を任せていた。不覚。即日交代」


 ん?ということは、ここ潰れない?


「来月より観光事業に着手予定。二人に協力を要請」


 その言葉を聞いて、オレよりもンボさんが激しく反応した。


「ム、ム、ム、ムリです! ムリです、 ムリです!、ムリですよ〜! ダイちゃんはともかく、おいらは落ちこぼれです!  受付の仕事でさえ、ヘマするんです! クビにならないようにするだけで、精一杯なんですよ‼ なんでおいら係長になっちゃったんだろう?」


 ンボさんの魂の叫びが痛い。オレも生前に同じ想いを抱いたことがある。自分の納得いく結果が出せないでいると、そう思っちゃうよね。


「否定。ダイチに望むモノ=ンボに望むモノ……否。
 ダイチ発見時証言検証。
 受け渡し魂待機部屋区画清掃中との証言。
 あの辺りの清掃業務は総務部清掃課第8・9ブロック係の業務。
 なぜ、ンボが?」


「そ、それは! あの部屋の周囲だけ、他に比べて汚れてる気がして……。なんか、あまり近づきたくない感じはしましたけど……。た、魂に気持ちよく待機してもらうのも、お、おいらの仕事だから……」


 ンボさんが俯いてしまう。
 その話は、ンボさんから聞いている。
 ンボさんの仕事ではなかったが、待機する魂が嫌な想いをしないようにって。もしかしたら、部屋の中も汚れてるかもと、開けてみたらオレがいた。
 特に報告せずに自分でやってしまおうとしたのは、争いを避けるンボさんの性格上理解できる。
 相手の足りないところを指摘して軋轢を生むくらいなら、自分でできる範囲は、自分でやってしまおうと思ったのだろう。その判断が良いか悪いかは人によって評価が別れるだろうが、オレはそんなンボさんが大好きだ。


「その真面目さがダイチ発見に貢献。
 精密調査の結果、あの部屋とその周辺に忌避の魔法がかけられていたことが判明。
 強制力弱の魔法、だから逆に使用がばれにくい。
 魔法影響下により、清掃担当者はそこのみ業務放棄。この状態が10年継続。
 汚れていることを報告しなかったのは、低評価。そこに踏み込んで、清掃しようとしたのは高評価」

「そこなのさぁ〜。ンボさんと言ったよね。あんたのそういうトコ、けっこう好かれてるみたいだよ♪」


 いつの間にか監視課課長を椅子代わりにしていたチェリーが、話に割り込んでくる。


「植物部の連中がさ、ダイちゃんの昇格を祝ってんのは、それに伴う異動で厄介払いができるからさ」


 離れたテーブルに陣取っていた、監視課課長を除く植物部の方々が座っている方を見ると、一斉に視線をそらされた。……けっこう傷つくぞ、おい。


「でも、異世界部の連中は違うのさ。あんたの優しさ、真面目さ、ずっと見てきているからね。
 心から喜んでくれているのさ、あんたのその真面目さが、報われたことを……さ」


 驚きの表情で顔を上げたンボさんは、異世界部の方々に目を向ける。異世界部の方々もンボさんに、暖かい視線を送る。
 オレの方との気温差が激しいな!
 まぁ、それは置いておくとして、冥界は嘘、誤魔化しができづらい環境であるから、余計に他者との距離ができやすい。
 魂が傷つくのを恐れる為だ。
 ひとりでいることが多ければ、その分自分の思い込みに囚われやすくなる。
 ンボさんは、そういう悪循環にはまっていたのだと思う。
 ンボさんは、自分で気づかなかっただけで、周りから評価されていたのだ。ンボさんは決して無能なんかじゃない。


「物事に革新をもたらす時、ダイチのような存在は不可欠。
 でも、もたらされたモノを安定させる為には、ンボのような存在が不可欠。
 ダイチは劇薬、ンボは良薬。しかも、甘めで飲みやすい」


 宣伝文句みたいだ。


「魂と同じ。同じことばかり続けば疲弊し薄れ、いつかは消える。でも変化ばかりだと、今度は魂魄がついていかず、いつかは壊れる。
 変化と安定。どちらも不可欠。
 だから、私には二人が必要」


「ふん。ぎょうは良ぐじゃべるではないが」


 レイラさんに次から次へと食べ物を放り込まれ、栗鼠のように頬を膨らませたマーシャが口を挟む。


「経費と同じ。必要な時は惜しまない」

「おお! ならば―――――――」

「菓子はそもそも経費では落ちない」


 マーシャが黙ったのは、ラヴァーさんにバッサリと切られたからか、レイラさんに唐揚げを突っ込まれた為か……。


「あ、ありがとうございます!」


 再び下を向くンボさん。でも、さっきとは違う。
 膝の上できつく握りしめられた拳の上に涙が落ちる。
 オレは黙って、ンボさんの肩に手を置く。


 オレはンボさんとの付き合いは、異世界部の人たちに比べて短い。

 でも、ンボさんが優しくて真面目なのは誰よりも知っているつもりだ。

 だって、オレを待たせっぱなしにしたこと。
 オレが転生できなかったこと。

 これらのことをはっきりと言葉にして謝ってくれたのは、ンボさんただ一人なのだから。

「転生しているヒマはねぇ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く