転生しているヒマはねぇ!

地辻夜行

13話 参加者

 監視課の課長の了解をもらい、オレとアイシスは資料室にて、マタイラの勉強会をやることとなった。
 植物部のモニター室は、隣部屋の精霊部モニター係のユヒョウさんという方が掛け持ちで、見てくれるらしい。ありがたいことだ。
 この借りは、1日でも早く一人前になることで返そうと気合いをいれたのだが……。


「なんで、お前がいるんだよ?」

「知るか! レイラがここに行けというから来ただけじゃ!」


 マーシャが、オレの隣の座席に座ってふんぞり返って言う。


「理由くらい聞けよ」

「聞けんわ! レイラのヤツ、朝からすごい機嫌が悪くてのう。魂魄が凍りつくかと思うくらい、冷え冷えとした口調で行けと言われたんじゃ。怖くて理由など聞けんわ」


 よっぽど怖かったのか、マーシャは自分自身を抱きしめてプルプル震えている。


「また、なにか怒らせるようなことしたんだろう?」

「またとはなんじゃ! お前が儂の何を知ってると言うんじゃ!」


 わがままなお子ちゃまだということを知っている。


「あー、私から説明する」


 アイシスが手をパンパンと叩く。


「ダイチ、すまない。お前が一人の時でも勉強できるような資料も、なんとかしようと思ったんだ。ただ、私はそういうのが、苦手でな。そういうのが得意な人……レイラ課長に魂魄通話で頼んだら、交換条件を出されたんだ」

「……もしかして、それがコイツ?」


 オレがマーシャを指差すと、アイシスは肩を落として頷いた。


「マーシャ様にも、マタイラの基礎知識を叩き込めとな」

「ちょっ、ちょっと、まてーい! なんで儂が今さらそんなものを学ばねばならんのじゃ!! お前たちの何倍もマタイラに存在しておるのじゃぞ! 儂にマタイラのことで知らんことなぞないわ!!!」


 マーシャが机をバンと叩いて立ち上がる。


「ほおーーー」


 アイシスのこめかみがピクリと動いた。


「では、マーシャ様。冥界から現界に視察に行く際の方法をお答えください」

「ハッ! そんなの簡単じゃ」


 マーシャがドヤ顔で、ない胸を張る。


「こうグッと魂魄に力をいれて、軽やかにビョーンと跳んで、華麗にバッと着地するんじゃ!!」


 空気の読めるオレは、アイシスの血管の気持ちを代弁することにした。


「ブチッ!」

「あ! お前またブチッて言ったな! いったいなんなんじゃ? そのブ――――――」


 マーシャが全てを言い終える前に、アイシスがマーシャの顔面を机越しに掴み、持ち上げる。マーシャの小さな身体が机の上にブラーンと浮いた。


「現界専用転移魔方陣で、転移する現界の座標を設定し、その場所に関連する神に連絡。連絡受諾の返信がきてから、魔方陣を起動させて転移するんだ、バカヤロウ!!」

「イタイ! イタイ! イタイ!! 顔が!! 魂魄が潰れる!!」


 すごいなぁ、アイシスは。打撃だけじゃなく、アイアンクローでも魂魄にダメージを与えられるんだ〜。オレにもやり方教えてくんないかな?


「しかも、視察終了の連絡もいれてないでしょ! 神類部を通じて抗議文が届いたんですからね!」

「べ、別に良いではないか!? あやつらが視察を拒否できる訳でもあるまいし!」

「・・・現界に関して、冥界が権力を行使するのは魂を送ることにおいてのみ。それ以外のことは全て現界に生きるものに任せ、彼らの意思を尊重する事。現界との関係を良好に保つこと。
 誰のお言葉ですか?」


 じたばたしていたマーシャが、急に大人しくなった。
 それを確認したアイシスはマーシャを椅子の上に降ろした。


「反省してますか?」

「……した」


 アイシスの言葉に、マーシャは頬を膨らませてはいたものの、頷いた。


「よろしい。それでは、私がダイチに教えている間、コレを読んでいてください。後でテストしますからね」


 そう言ってマーシャの前に一冊の本を置いた。


『今さら人に聞けないマタイラの一般常識   モデストゥス著』


 あー、冥界にもあるんだな。このての本。


「な、なんじゃこれは?」

「ダイチに身につけてもらいたいのは知識。マーシャ様に身につけてもらいたいのは常識です。テストで満点取るまで帰しませんからね。あと、勉強中はお菓子禁止です」

「横暴じゃ!」

「反省したというのは、口だけですか?」


 アイシスが、拳をパキポキと鳴らす。


「しました。地獄界の浄化池よりも深く!」


 マーシャの言葉に満足げに頷く。
 おお! 口だけ殺しのアイシス!!


「さて、ダイチ。始めるのが遅れてすまない。
 気を取り直して、勉強を始めようか」


 アイシスが勝者の笑みを見せそう言った。

「転生しているヒマはねぇ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く