転生しているヒマはねぇ!

地辻夜行

3話 就職

「おはようございます! ダイチ監視官。どうですか? 慣れました?」

「おはようございます。プルル補佐官。できれば主語をお願いします」


 オレは50もあるモニターから目をはずし、椅子を回転させ、元気よくモニタールームに入って来たプルル監視補佐官と挨拶を交わす。
 小柄でオレ好みの美人さんだ。髪型はヴェリーショート、痩せすぎず太すぎず、エネルギーの塊のごとく元気一杯。外見以上に魂の美しさを感じさせてくれる。


「もちろん、いろいろですよ。いろいろ。監視官は初めてのことばかりじゃないですか。その身体に、転生界での仕事に、冥界での生活、マタイラ自体も初めてですよね!」

「ああ、うん。まあね」


 結局、異世界の現世に転生することができなくなったオレは、転生界の長であり転生役所所長でもあるマーシャ様からの誘いに応じ、この転生役所で働かせてもらうことになった。
 マーシャ様の話では、転生界に留まらない魂が行くことになる裁断界で行われる裁判は、9分9厘地獄に落とされて、魂の浄化という名の拷問を期間未定で受けるらしいので、M男ではないオレに断るなんて選択肢はなかった。
 オレが話を受けるとすぐにマーシャ様がオレに触れた。すると驚いたことに魂だけだったオレが、今のこの姿になったのである。当然、裸だった。
 マーシャ様の目が好奇心で爛々になっていたのは、少し怖かった。


「とりあえず身体は問題ないよ。チキュウで生きてた頃とほとんど同じだから。若返ってるのと額から角が生えている以外はだけど」

「額の中央の一本角。私とお揃いですね。えへへ♪」      

 そうなのだ。これまで冥界で出会った仮体という姿を持った魂達は、マーシャ様以外は頭に角が生えていた。
 そして、俺は、プルルさんと同じ額の中央から、表面がツルツルとした一本角が真っ直ぐに突き出ている。
 ……マーシャ様、グッジョブ‼


「……仕事の方は……正直退屈かな」


 オレがそう言うと、プルルさんは苦笑を浮かべた。


「まあ、そうでしょうね。
 監視課は、魂の色や大きさが大きく変化するような出来事が現界で起きない限りは、本当に視てるだけですから。特に植物部の監視課のモニター係は閑職ですし。
 これまでは、精霊部の監視官モニター係が掛け持ちでやっていたんですよ」


 そこまで言うとプルルさんは表情をキリッと引き締める。


「でも、油断は禁物ですよ。
 送魂課や迎魂課から問い合わせがあったら、過去のデータを掘り出さなきゃいけませんし、裁断界へ資料提出なんて仕事も監視課には有ります。
 ……もっとも植物部でそんな事例があるのは稀ですけど。
 最近でも、私が生まれる前、世界樹の魂の裁断くらいだって聞いています」


 世界樹か……。さすが異世界。やっぱりあるんだ。


「それに、ダイチ監視官には極秘任務が有ります。忘れてませんよね?」


 そう。オレはこの転生役所での仕事とは別に、マーシャ様に仕事を与えられている。
 オレ自身に関わることだ。
 なぜオレが転生できない事件が発生したのか?
 オレからすれば、役所の管理ミスだろ? って感じなのだが、マーシャ様曰く、何者かの意志を感じるそうだ。オレになりすました魂単独の犯行ではなく、組織的な犯行であるとマーシャ様はにらんでいる。
 そこでマーシャ様は、今回の事件の裏を探れとオレに言った。
 どんな連中が、なんの目的で、魂のすり替えのようなマネをしたのか? 当事者であるお前が探れと。カモフラージュとして他の仕事をしながらやれと。人手も足りてないから丁度よいとも言っていたが……。


「もちろん忘れてないけど、10年前でしょ? 調べるの難しくない?」

「チキュウの現界で生きてきた貴方には遠い昔に感じるでしょうけれど、冥界の10年前なんて、つい最近です。それに過去のデータを調べるのに監視官は便利な役職ですよ。監視官が監視するのは今現在だけではありませんから」


 プルルさんがスラスラと説明してくれる。補佐官というより秘書官とお呼びしたい。


「わかりましたよ。こっちの仕事が疎かにならない程度に、自分の転生がどうなる予定だったのか調べてみますよ」

「はい。私も出来る限りお手伝いいたしますので、気長に頑張りましょう! 時間だけはたっぷりありますから」

 プルルさんが可愛らしいほど良く育った胸の前で、可愛らしい小さな拳を握りしめる。
 超可愛い♪
 さぁ、仕事頑張ろう! プルルさんと一緒に♪

 プルルさんと一緒に♪

 うん。これ大事。

「転生しているヒマはねぇ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く