わたしのすべて

ノベルバユーザー408579

プロローグ


ただただ、泣いた。
枯れることも無く何時時間もひたすら泣き続けた。
頭が痛い。目が痛い。苦しい。

私はこの日、失恋の苦しみを知った。


「わたしのすべて」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く