閉じる

もしも理想のパーティー構成に実力以外が考慮されなかったら?

雪月 桜

美女と串焼き

「な、なぁ、あんた。大丈夫か?」

「だ、大丈夫じゃないですぅぅぅ」

俺が路地裏で見つけた謎の美少女は、いまいち緊迫感がない間延びした口調で、不調を訴えた。

しかし、よく見ると、こんな薄汚い場所には不釣り合いなくらい絶世の美少女——いや、絶世の美女だな。

ふんわりと、ウェーブが掛かった紫の髪。

神秘的な輝きを放つ紺碧こんぺきの瞳。

細いウエストとは対称的に、主張が激しいバストとヒップ。

上品かつ、ゆったりした服装は胸元も大きく開いており、大人の色気をこれでもかと振り撒いている。

……まぁ、ゴミ袋の山に埋もれてるせいで、全て台無しになってるけど。

なんだ、その筋肉バ◯ターを食らったような体勢は。

どんな経緯で、そうなったんだよ。

「よっこらせっ、と。腹が減ってるのか?」

取り敢えず、こんなお姉さんがパンツ丸出しで呻いてるとか残念すぎるので、なんとか抱えて近くの壁にもたれさせる。

人によっては興奮するのかも知れないが、俺的には、むしろ萎えるからな。

俺はパンモロより、パンチラ派だ。

……いったい、何を語っているんだろう。

ちなみに、お姉さんはレースの黒だった。

「は、はぃぃぃ。一週間くらい道に迷って、飲まず食わずだったので。あっ、水は‘‘ウォルタ’’で用意して飲んでたんでした」

「……そっか、それは災難だったな。金はあるのか?」

「う~ん。あるには、ありますが、この国の通貨ではないので」

「外国から来たのか。……しゃあない。串焼き程度で良ければ奢ってやるよ」 

黒ローブの捕獲に協力したことで、ちょっとした報酬を貰えたしな。

所詮は降って湧いたような金だし、人助けに使うのも悪くないだろう。

「あ、ありがとうございますぅぅぅ。なんと、お礼を言っていいか。貴方は命の恩人です」

「気にすんなって。……不可抗力とはいえ、アレも見ちまったことだし」

「ほえ?」

「こっちの話だ」

俺は美女の追求から逃れるように、そそくさと、その場から離れ、表通りの屋台に向かった。

そこで、適当に2、3人前の串焼きを買い込んで、再び路地裏に戻る。

……というか、よく考えたら、一週間、断食した後に、いきなり肉を食うのは良くないんじゃないか?

まぁ、本人も、特に何も言って無かったしなぁ。

最悪、野菜だけ外して食わせるとしよう。

「戻ったぞー」

「あぁぁぁ。良く焼けた肉と野菜、そして香ばしいタレの匂いがぁぁぁ」

キュルルルルル! と、可愛らしくも激しい腹の虫が、彼女の空腹を表している。

どうやら、もう我慢が出来ないといった様子だ。

確かに、旨そうだもんなぁ、この串焼き。

ぷりぷりとした柔らかい肉が、炭火で、じっくりと炙られ、肉汁を溢れさせる。

その肉汁を吸ったネギや、他の野菜も、うっすらと焦げ目がつく程度に焼き上げられ、非常に食欲をそそる香りだ。

さらに、濃厚なソースが全体をコーティングしており、えもいわれぬ輝きを放っている。

空きっ腹で、こんなの見せられたら、堪らんよなぁ。

「あのさ、一応、聞いとくけど、お腹とか壊さないか?」

「大丈夫ですぅぅぅ。昔から体だけは丈夫なのでぇぇぇ」

見たところ、心も、かなり丈夫そうだけど。

切羽詰まっていそうな割には、どことなく余裕を感じるんだよなぁ。

まぁ、それは良い。

本人が大丈夫と言っているので、俺は遠慮なく彼女に串焼きを与えた。

どうやら串を握る力も残っていないようだったので、俺が口許に持っていって食べさせたのだ。

なんだか雛に餌をやる親鳥のような気分で、なかなか楽しかった。

「あっという間に平らげたな。それなりの量があったのに」

「そりゃあ、お腹ペコペコでしたもん。本当に、ありがとうございました~。この恩は、いつか必ず、お返ししますねぇ」

「さっきも、言ったろ? 気にする必要は——」

「ハルさーん! どこにいますですかー!」

気にする必要はない。

そう言おうとした俺の声は、どこからか聞こえてきたミルクの叫びによって、掻き消された。

そういえば、お見舞いの品を買うって話だったな。

早く戻らないと。

「悪い、連れが来たみたいだ。あんたは……って、あれ?」

振り返ったとき、そこには誰もいなかった。

不思議に思って、表通りに出てみるが、人混みのせいで良く分からない。

名前も知らない、あの美女は、いったい、どこに消えたのだろうか?

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く