セカンド・ワールドの魔王

魔王なおチュウ(魔闇直樹)

1-7 始まりの森 始まりのパーティ

「そういえば、あおりんの種族って人間なんだな」

「うん、そうだよ!」

 あおりんは、自慢げに答える。

「じゃあ魔法とか使わねぇの?」

「普通の人にあえてなって、それでどれだけ強くなれるかが、私のポイントだもん」

「まぁ、お前らしいな」

 先ほどの事が無かったのかのように、仲良さげに話しながら森を進んでいく二人。

 すると目の前に、「シャ~~」と鳴き声を鳴らすヘビのモンスター【ニメルスネーク】が木の上から現れた。

「1体か、あおりんやるか?」

「じゃあ、そうしよっかな」

 あおりんが銃を構えた。

 するとニメルスネークが、《ビュッ》と素早く二人の方に突っ込んできた。

 《バンッ》

 そこを尽かさず発砲する。

 銃撃が相手に命中し少し怯む、だが、まだ倒せていない。

 レベルはあおりんは7、ニメルスネークは3

 だが、あおりんが使ってる銃は、そこまで威力が高い訳ではない。

 また、種族は《人間》。人間が魔法を使用するには、例外もあるが基本的には魔法のスキルを習得しなくてはならない。

 あおりんは、魔法スキルを習得いないので、MPもあっても意味は無いようにも見える。

 だが、

「シャーー」

《バババババッッ》

 攻撃をしてきたニメルスネークにものすごいスピードで、銃を連射する。《拳銃スキル》だ。拳銃銃撃スキルもMPを使うことで魔法のようにスキルを使える。

 MPは精神的の体力のようなものなので、ポイントさえがあれば、超人的な行動ができる。

 ニメルスネークは、《バタッ》と倒れた。あおりんの勝利だ。

「どう?すごい?」

 自慢げに言うあおりん。

「ああ、すげぇよ、銃撃やべぇな!」

 見ていた魔理守は興奮気味だ。

 目の前で素早く攻撃してくる相手に、ものすごい速さで銃撃しているの見たら、SWセカンド・ワールドを心待ちにし、遂に来られた魔理守がそう答えるほうが自然だろう。

 感心した魔理守は「それぐらい強ぇならパーティは安心だな」と感心した。

「もう少し森を探索する?」

「ああ、する!」

 あおりんに聞かれたので、当然とばかりに彼は答える。

「まぁ、お金ないと買ってもらえないからね」

「あっそうだった」

 先ほど約束をしていたのを思いだした魔理守。

「んじゃいくか」

「りょ~かい」

 魔理守に笑いながら答えるあおりん

 そしてもう少し探索を続けようと2人は進んでいった。

「セカンド・ワールドの魔王」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く