セカンド・ワールドの魔王

魔王なおチュウ(魔闇直樹)

1-5 リアル・デビル・キラー

「しっかし、規定もだるいな。守らないといけねぇし」

 ついさっきまでアイテムを買っていた魔理守だった真理守が、不服そうに小声で、つぶやいた。

 SWセカンド・ワールドは、入る事を義務付けられてる反面、戻る事にも義務がある。

 SWについての法律があり、全世界共通である。1日15時間まで、一度に6時間までと決められている。入界時間も、午後1時~2時は必ず入る。現在の時刻は、11時過ぎ。3時間近く入ってた。

 真理守はもう少し入ってたかったが、あまり長くいると夜更かしをして入れなくなるし、SWを出る前に、「夜また会おう」とあおりんもとい葵に言われていたので、真理守は「まぁ良いか! 深夜も行くかも知んねぇし!」と自分に言い聞かせてた。

 ベットでゴロゴロしていた真理守は、

「そろそろ行くか。」

 そう言いながら、したくをして、外へ出かけた。

 葵に会いに行くようだ。

 そして、良く友達と集まるいつもの公園へ行き、丁度葵がいた。

「あっ、まりりん待ってたよ~!」

 真理守を見かけて葵が声を掛けてたきた。

「外で大きな声で言うな」

 顔を赤く染めて真理守が言うが彼女はいつも通りスルーし、

「ねぇ、この格好どう?ちょっと前に買ったの」

 そう言いながら葵は一回転して、真理守に聞いてきた。

「あっ、良いんじゃないか?」

 真理守が答えた。

「どこが良かった?スカート?ミニスカート?この前女子高生見てたもんね!」

 葵の突然の発言に真理守は「え?あっ、え?」軽くパニックになった、。

 たぶん学校だったら大惨事だろう。

 真理守はあたふたしながら、壊れたロボットみたいに声を出しているのを笑いながら、

「相変わらず可愛いね。」

 止めに一言。

[こいつマジで鬼だ]

 顔を真っ赤に染め、そんなことを思いながら真理守は、「可愛いやつの足を踏むか?普通」と葵に強気に出てみた。

 女子高生を観察していた時に、踏まれたらしい。

 しかし、葵は、

「覚えてな~い!」

 ウインクしながら、答えた。

「うっ!」

 少し声を漏らしながら、〔このやろう!かわいいじゃないか!!〕と心の中でそう叫んだ。

 だか、葵の猛攻は終わらない。

「そういえば、女子高生を見てたとき、どこ見てたの?鼻の下を地面まで伸ばして」

「そんな伸びるか、これはなんかの妖怪か!」

「何か涼しかったな、風が強い日だったかなー?チラチラ私のことも見てたし……」

 少し恥ずかしそうに答える。

「それは……不可抗力と言うかなんつうか……」

 真理守はつい目線を下に向けた。

「そんな感じでね」

「ゲッッッ」

 真理守は、もう葵のペースに呑まれてしまった。

「どこ見てたの? あしぃ? あしぃ? あしぃ? どうだった? 見たいの見れた? 私のどうだった? 嬉しい? 他の女の子で舌打ちしてたのあれは何? 何か嫌なことされたの? この子に言ってあげようか? 『まりりんに意地悪はダメ』って。そう言えば寄り道で、風が強い日に、駅前言ってたの何? 帰り道とは違う所にいたけど、確か、学生さんが多かったね! 凄い笑顔でね〜。もう一回笑顔になりたい?」

 そう言って、葵はスカートに手をとり……慌てて真理守は、

「やめろやめろ、すいませんやめてください。本当にごめんなさい。許してください犯罪以外なら何でもします。あっ、何でもではないです。本当にごめんなさい。俺は下等です。ゴミです。命だけは、勘弁してください。」

 必死に謝る。そして葵は、

「うん、分かった。じゃあ、二つお願い聞いて、『聞くだけって無しね!』」

 後半を強調し葵は言った。

「はい、なんでも」

 真理守は了承して

「小さい頃、私のあだ名って、あおちゃんだったよね!呼んで!まりりん!」

「えっ!!」

「分かったじゃ、笑顔にして…」

「あおちゃん」

 紅のごとく顔を赤くした真理守は涙目で言った。

「聞こえないな~」

 にこやかな笑顔をしながらかわいらしい高い声で言ってきた。

「あおちゃん!!」

 大きく呼んだ。

 葵の変なお願いのせいでプライドがズタズタになり、人生が終わった気分の真理守。

「あー恥ずかしかった」

[こっちの台詞だコラ。お前が言うんじゃねぇ]

 口に出すと、確実に大惨事となりかねないので自分の中で言い聞かせる真理守。

「なんかおなかがすいたな~。よろしくね、まりりん」

「わかりました。おごらせてもらいます」

 こうして二人はレストランへと向かった。

「セカンド・ワールドの魔王」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く