セカンド・ワールドの魔王

魔王なおチュウ(魔闇直樹)

1-3 落ち込む小悪魔と笑う少女

「あぁ……結果こうなるのか」

 ついに夢にまで見た念願の、SWセカンド・ワールドに入ることが可能になり、望んでいた種族になることが出来た真理守。だが、望んでいた姿と違っていることに少なからず落ち込んでいる。

「まぁ、何かこの黒い感じは良いんだが現実とあまり変わんないこの身長、おまけに小悪魔感が引き立って可愛くなってる……

 彼は頭を抱え、嘆きがが止まらない用だ。

 しかも、追い討ちをかけるように、

「おーい、まりりん。葵だよ~」

 前々からSW《セカンド・ワールド》で一緒に冒険する約束をしていた幼馴染の【花色 葵】はないろ あおいが声をかけてくる。

「ゲッッ」

 会うことはわかっていたが心の準備ができていない真理守。それを彼女はいつも通りの感じで、

「あっ、まりりんかわいいやっぱり悪魔か~」

 真理守にのみ邪神の一撃のごとく恐ろしい一言を放つ。

「ぐっ……」
[やべぇ、泣きたい]

 わかってはいたが落ち込む真理守。そんな彼にあえて気にしない葵は、

「あっまりりんここでは、SWNセカンド・ワールド・ネーム呼んでね! 私はあおりんだよ~! そ・れ・と・も〜あおちゃんって呼ぶ?」

 かわいらしい笑顔で葵、もとい【あおりん】が問う。

「あおりんで良いです」

 彼はすかさず答えた。

「つーか、あお……りんは何でまりりん何だ? 俺の名前見ろ!」

 真理守は文句を言ってみた。

「あっ、真しんが魔法の(ま)だ。でも、現実でも同じ・ま・り・す・だから大丈夫だよ。」

 だからどうしたと言わんばかりにあおりんが答える。

「いやいや、そういう事じゃなくて、その女みたいな可愛らしい名前で呼ぶのは……」

「男の子がそんな事気にしたらかっこ悪いよ~」

 真理守、もとい魔理守が必死に抵抗するが、あおりんが笑顔で返してた。

「そんな事言われましてもだな……」
[あっかわいい……って何考えてるんだ、俺!]

 なんとか照れる気持ちを押し殺し、平常心を保とうとする魔理守。

「それでまりりん、レベル上げどうする?行く?」

「ああ、行く!!」

 ケロッと楽しみにしていたレベル上げを出来ると喜ぶ魔理守。

〜〜〜始まりの森〜〜〜

 最初にいた町【始まりの村を】出て森へ行った二人。

「何でここなんだ?獣の森や、力の草原とかじゃねぇの?」

 知ってはいるが、ノリであおりんに聞いてみた。

「速攻でやられるよ~獣の森は熊や蛇いるし、今のまりりんじゃあのリスとハムスターに瞬殺だし、奥までいったら、パラディンドックいるし、パラウルフ来たら、絶望だよ~!」

 魔理守は、分かってはいたが、言いたい放題言われている。

「力の草原なんか行ったら、フルボッコにな……」

「了解わかった。ここで良いです」

 魔理守はあおりんの口を抑えた。

 そうこうしていると、二人の前に二匹のモンスターが現れた。

「こいつは確か、【キャンディーボール】ってやつか! レベルは1と2か。よし倒すか」

 魔理守は嬉しそうに言う。

「やられ掛けたら私も参戦するね」

「じゃ出番はないな、俺が倒すから」

 魔理守は、あおりんとの会話を終わらせ、腹に力を入れる。

「さぁ、俺のデビュー戦だ!!」

 魔理守は気分良く大声で言い放った。

「セカンド・ワールドの魔王」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く