セカンド・ワールドの魔王

魔王なおチュウ(魔闇直樹)

1-2 世界の狭間での質問

 今真理守がいるこの場所は、SWセカンド・ワールドに入る前にこの世界での種族を確定する不思議な場所。

『この世界に入る前のあなたに、いくつかの質問をします』

 女性らしき不思議な声が、真理守に聞こえる。

『あなたは、何になりたいですか?』

「俺は、善良な悪魔になって、魔王になりたい!」

 真理守は、即答で答えた。善良な悪魔になり、魔王になりたい、彼の長年の夢である。

『そうですか、一部のRPGなどに登場する、白魔法 などの人を癒し、闇を払う聖なるの魔王になりたいのですか?』

 不思議な声が、真理守に問う。

 真理守は、少し考えて、

「うーん、少し違って、白魔術を使ったりする、聖なる魔王的なものというよりか、RPGとかの定番な魔王で、人と関係を結ぶような魔王になりたいんですよね」

 彼は、話を続ける。

「魔王、悪魔=悪い敵、天使、勇者=正義ってのも
全部がそうじゃないと思うしさ、俺は人とつながる悪魔になって、そして魔王に、なりたいんです」

 真理守は、自身のポリシーとも言える答えを不思議な声の主に話した。

『なるほど、一般的な悪魔で、それで、人と同じような感性の魔王になってセカンド・ワールドで過ごす、という事ですね』

 不思議な声は確認の為の問いかけをする。

 すると真理守は「はいそうです」と得意そうに笑みを浮かべながら答えた。

『わかりました、以上で質問を終わりにします。』

 真理守に対する質問は終了したようだ。

[よし、もうすぐだ!!]

 真理守は、ワクワクしながら、心のなかではしゃいでた。

『最後にあなたの種族は、悪魔です。ただし、レベルは初めは1なので、小悪魔からのスタートです。』

「あはは……」
[うわ...またあいつに可愛いとか言われるな]

 真理守は苦笑いをしながら心の中で、軽く落ち込んだ。

 真理守自身、外見も小柄で、髪の毛は少年にしては長く、毛質もサラサラであり、肌も綺麗な外見をしている。

 通っている中学校でも、女子生徒から『可愛い』と言わている。さらに、幼馴染の同級生の少女にまりりんとよばれているため、男としてとても恥ずかしいようだ。

 不思議な声はそんな彼の苦悩も知らず、

『それではSWセカンド・ワールドへ!!』

 苦笑いのまま真理守は光に包まれた。

「セカンド・ワールドの魔王」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く