話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

光の詩

小鳥 薊

第5話 Vivace !

シルクの膝に接吻

少女の証を
きみは いつ失うのか
きみが大人になることは
かなしいことはなにもない

君は駆ける
躓いて転んでも
少しの時間 泣いたらまた
君は駆ける
両膝が交互に
上がって 下がって
上がって 下がって
叩いたピアノの鍵盤みたいに
ポンポン
跳躍しながら
どこまでも

Vivace !

「光の詩」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く