話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

光の詩

小鳥 薊

第4話 あの子の瞳

どこ どこ
ってノンちゃんが訊くから
堪らなくなっちゃって
ここ だよ
って答えた
ノンちゃん 宝物見つけた
へへ
って笑う

あの子の瞳に映るもの
あれも これも
無差別に光り輝く
わたしもその一つに
なってもいいんだ

「光の詩」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く