白昼夢の家族

小鳥 薊

第1話 鳩子

鳩子はとこに会いたい。
鳩子というのは、慶司にとって大事な人だったはずだ。けれども、関係性がわからない。
鼓動が激しくなっていく。
焦るな、と自分に言い聞かせる。
焦ったっていいことはない。自分のことすらまともに思い出せない。
どうしてこんなことになってしまったのだろうかと、途方に暮れる毎日である。

酷いことを言われたような気がする。けれども、言われた傍から忘れていく。言っていたのは誰だったろう。
お母さん。悲しい顔をしていた。

そして慶司は大切なものを失くしてしまったのだ。
慶司は、この部屋でじっと待っていなければならなかった。それだけが今の慶司にできることだった。

記憶がどんどん失われていく。今は言ってるそばから。過去も隙間だらけだ。
信じられるものはもう何もない。今、考えている自分も、考えている間に前と後ろが消えていく。自分が誰なのかも自信がない。自分は一体誰なのか。今、ここは何処で何をしているのか。何もかもが真っ白で、信じられるものが何もない。生きていることすらも自信がない。そうなると、自分は果たして本当に生きているのか。

それでも、霧が少し薄くなることはたまにあり、そのときはいつも、自分の名前と大切な人の顔が頭に浮かんでくる。
大切な人の名前、それは思い出せるときと、どうしても駄目なときがある。慶司の心を躍動させる面影――関係性はわからない。

そうだ、鳩子を探さなければ。慶司は、いま自分が行かなければ鳩子はもう戻ってこない気がした。

「白昼夢の家族」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く