採集者の役得

赤猪千兎

採択者の帰宅④

手に持った小石を、忌まわしき大猪に狙いを定め、ローグは自分の最も慣れているスキルを唱えた。

「『投射』っ!」

ローグが唱えながら大猪向け軽く投げた小石はその速度を格段に上昇させ、彗星のごとく目に見えぬ速さとなり、当然の如く大猪の脳天に的中しズッポリ貫通した。
以前の「投射」とは比べ物にならないその威力に呆然としたが、それを上回る興奮がおこった。

「死んだか?」

脳天をぶち抜かれた大猪は何の抵抗もすることなく、その運命に従うように地面に倒れた。
レベルが飛躍的に上がる前の自分なら魔物である大猪に勝てる余地などなかったのだが、この結果を目の当たりにして、また改めて自身の強さを確信する。
本当に死んだのか、足で蹴ったり、普通にその辺の木の棒を投げたりして反応をみるも、どうやらあの一発でKOらしい。

「それじゃあ、やることは一つ。『採集』!」

ローグの掛け声と共に、大猪の死体は眩い光に包まれ血の一滴も残さず姿を消した。
その後すぐに、視界内に新しいウィンドウが表示された。





アイテムボックス

「大猪の大牙」2つ

「大猪の頭」1頭

「大猪の肉」2トン

「魔物の血液」1トン






これも先の暗黒龍に採集に並び、大猪もかなりの収入だった。それでもなお、軽く収まってしまう『アイテムボックス』の内容量には何度も驚かされるものだ。
一戦いを終ええたローグは、再び歩み始める。町へと向かって。

「採集者の役得」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く