話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

代打・ピッチャー、俺 (少年編)

雨城アル

21投目・新チーム

練習試合の日から切磋琢磨し、走り、投げ、打ち、これでもかと練習に打ち込んだ。そして、上級生の引退試合の時期が近づいていた。
あれほど仲が悪かったにも関わらず、不思議とお互いを自然に受け入れていたのである。
しかし、熱意は届かず初戦敗退。経験不足によって、強豪相手にコールドゲームを突きつけられてしまった。

「真中、来年は人数が足りるかはわからないが自分なりのプレイをしろよ…!」

「はい、玉木先輩ありがとうございました!」


来年は入ってくる人数がまだ確定しておらず、下手をすれば試合すらできない状況になるかもしれないのだ。
そんな闇の中でしか、三人は手を繋いで歩くことは許されなかった。

そして新入団員が入り、なんとかギリギリの9人でチームを動かしていくこととなった。


「良かった、なんとか試合はできるね!」

「ああ、ここで手を抜いてはいられないぞ宇形!」



「あのー…」


「どうした早苗?」


「ピッチャーは誰がやるの?今年は野手しかいないよ?」

「しまった…完全に忘れてた」


ここで、想定していなかったアクシデントが起こってしまった。ピッチャー志望もキャッチャー志望も誰一人いないのである。
三人は知恵を寄せ合い、頭を割るぐらいに考えた。

そして出た結論は、ピッチャー真中・キャッチャー谷内のダブルサウスポーバッテリーだ。宇形は守備の要として、外すにはとてもリスクが高かった。
こうして、常にリスクと隣り合わせのチームが完成していった。


「真中、私キャッチャーやったことないから1から教えてほしい!」

「おう、もちろんそのつもりだぞ!俺の球が捕れなきゃ話にならないからな!」


それから3ヶ月に渡って、バッテリーの修行が始まった。
谷内は抜群の捕球能力を活かして、フレーミングを磨き上げていき、真中はコースを突いた投球を意識していった。


「ナイスボール!結構伸びてきてるわよ!」

「早苗、ミットを動かしすぎるとボールにされちゃうからもっと堂々と捕ってくれていいよ!」

「あ、ごめん…こう?」

「いや、もう少し手首を……」



「真中、あんた踏み込む歩幅広いんじゃない?疲れるペースがいつもより早いよ?」

「たしかに今日はかなり前に出てたな」

「油断するとすぐフォーム崩れるんだからー……」



互いに指摘し、指摘をされてもそれをすぐに飲み込めるまでに成長した。バッテリーの修行はまだまだ続きそうだ。

「代打・ピッチャー、俺 (少年編)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く