話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

代打・ピッチャー、俺 (少年編)

雨城アル

20投目・一発

ノーアウト1,2塁、このビッグチャンスを逃すわけにはいかない真中たち。いい流れの状況だからか、打線は再度正気を取り戻したように見えた。

「カキン」


快音立てて飛んだ白球は、レフトの頭上で減速をした。

「アウト!」


チャンスにミスはつきもの、そう切り替えて2番へと打順が進んでいく。しかし、このバッターも打ち取られてすぐに2アウトになってしまった。クリーンアップの先頭は、ヒットでようやく1点。続く4番で二人帰し、一気に3点を決める。その後の5番は、凡打の3アウトでこの回終了。

そして最終回表を無失点で切り抜け、最後の攻撃を迎える。6番・宇形、緊張が気合いに変わり、白球を威風堂々と待ち構える。

得意のインコース低めに放られたのを、宇形は見逃さなかった。

「カキーン!」

膝元のボールを真芯で捕らえ、バットの音色がグラウンド一杯に響き渡った。

「ホームランだー!!」


なんと最終回にして、ソロホームランで1点差まで追い詰めたのである。初めてのホームランを放った宇形は、心の内に眠る何かが起き上がったような感覚がしていた。7番バッターは打ち取られ、真中に打順がまたやってきた。

「ここで俺もホームランを……!」

「カキーン」


真芯から少し外れたが、芯では捕らえていたのでしっかりと飛んだ。大きく飛んだ打球はホームランに見えたが、柵の前で落ちてツーベースヒットになった。9番バッターに打順が回ったが、代打が出せるほど打撃の光る選手がいないので玉木の打撃となった。

「ここは意地でも当てなきゃいかん…!」


インコース寄りの投球にバットが出てしまった。

「カコン」


勢いよく跳ね返ったライナー性のボールは、ショートのグローブに素早く入った。

「しまっ……!!」

「タッチ、アウト!ゲームセット!」


同点のチャンスは、不運にもダブルプレイで散っていった。

「玉木先輩……今のは仕方ないです、また公式戦で頑張りましょう」

「仕方ないわけあるかよ……!まだ逆転できそうな場面を俺が終わらせちまったんだぞ!?」

「うちは打撃力に乏しいのにもかかわらず、配球ミスで失点した僕の責任でもあります……」

「かぁーー!!そうだとしてもよぉ!悔しいだろうがよぉ!この後時間空いてるか!?」

「一応、空いてます」

「ならピッチングの練習させてくれ!お前もピッチングの練習していいから!」

「はい……!僕でよければお供させてください!」



試合には負けてしまったが、まさかの展開で上級生の玉木と打ち解けれそうな状況になった。

「代打・ピッチャー、俺 (少年編)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く