話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

代打・ピッチャー、俺 (少年編)

雨城アル

16投目・コツ

「パシッ!」

白球がミットに止められる音が、バッティングセンターいっぱいに響き渡る。

「あ、真中!偶然だね!」


宇形がバットを抱えて、こちらに歩み寄ってくる。

「宇形は今から打つの?」

「もちろん、軟球といえどミート力は鍛えられるからね!」

「みてもいい?」

「全然いいけどそんなに上手くは打てないよ…?」


彼の打撃術に疑問を持っていた真中は、自身の目で見て晴らそうと考えた。

「カキーン」

しかし、どこに着目すればいいかわからないほどのレベルの違いだったため、見ても無駄だと思った真中は、直接聞いてみることにした。

「それ、どうやって打ってるんだ?」

「僕は体重移動と頭の位置を意識して打ってるよ、しっかりと後ろから前へ重心を移動させるんだけど頭を固定したらもっと飛ぶようになった!」

「頭を固定…か」

「やっぱり軸がブレちゃうと力が逃げちゃうからね!」


最後の補足の一言で、完全に納得した真中であった。

「よし、やってみるか」


コツを伝授された真中は、意気揚々と打席に立ち、実践へ繋げようとした。教えられた通りに実行すると、不思議なことにそれほど力を込めなくても、遠くへ飛ばすことができるようになった。そう、手打ちではなく「全身を使って打つ」ということを知ったのである。

「これすごいな、軟球だと驚くほど勢いがつくわ」

「日本の強打者を分析してみた時の共通点がそれだったんだよ!もちろん例外もいたけどね」


二人はまた一つ、上へと成長していった。


「そういえばキャッチャーを練習してるって言ってたけど、盗塁を刺す練習はやってるの?」

「あー今はまだフレーミングだけだよ、本を買って一生懸命捕球の勉強してるから間に合わなくて…」

「今からちょっとだけやってみる?」

「え、いいの?じゃあやろうかな」


急な送球練習を振られた真中は、不安もあったが嬉しさも同時に持ち合わせていた。

「あ、マスク被ってくれる?その方が実戦向きだと思うんだ」

「了解、よし行くよ!」


視界がマスクで遮られている中、予想通り送球は定まらずに逸れてしまった。そこに、一人の中年男性が近寄ってきてダメ出しをした。

「あーだめだめ足運びが酷すぎるよ、それと身体を使わなさすぎ」


ただの野球好きなおじさんだと思って話を聞いていたが、物凄くわかりすい上に理にかなっているので、そのダメ出しを指導と思ってアドバイスを受け取った。

「いいか?今のうちはノーバンにこだわらなくていい、むしろワンバンの方が速いときだってある」

「ありがとうございます、ところでどなたなんでしょうか…?」

「そういえばもう君たちの年代の人じゃないよな、ただの野球好きのおっさんさ…暗くなる前に帰りなよ」

「名前だけでも…!」


「八城だ、球界の未来はお前たちガキんちょにかかってるからな、頑張れよ!」


名前を聞いた宇形は、心臓が飛び出そうなくらい驚いていた。

「代打・ピッチャー、俺 (少年編)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く