話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

代打・ピッチャー、俺 (少年編)

雨城アル

4投目・宇形の憂喜

「集合!!」

「今日は特別に4年も交えて試合を行う!」

「これからスタメンの発表をする」

「1番センター加藤、2番サード吉井、3番………」

「8番ショート、宇形」

「はい!」

「以上だ、先発は藤山に任せる!その他のピッチャーはいつでも出られるように準備をすること!」


6年生の中で一人だけ唯一の下級生、宇形がスタメン入りを果たした。

「宇形すごいね…スタメン入りするほど強かったんだ」

「いや、僕も今回が初めてだから驚いてるよ…!」

「ともかく俺の分まで頑張ってこいよ!」

「うん!ホームランでもしちゃおっかな!」


真中は何故だか、宇形ならホームランをもしでかすのではないかと思ってしまった。
そして、試合開始の合図が出される。

「プレイボール!!」


先攻から試合が始まった。
1番打者は、高めを打ち損じてアウト。
2番は、ボテボテのサードゴロと思われたが、送球ミスでなんとか出塁。
続く3番、4番とも打ち取られ凡退。

「ノーヒットかー」

「宇形の初打席は次の回ぐらいからかな」

「そんなにプレッシャーかけないでね…」


想定内のスタートを切り、早々に守備へついた。
そして1回裏の1番バッター。

「カキーン」

「先頭出したからって気にするなよー!」


1番目からランナーを出してしまった先発。
そして2番バッターへの1球目。

「走ったぞ!」




「セーフ!!」


「(は、はえぇ…)」

「ドンマイ次次!!」


盗塁されたランナーはバントで送られ、三塁まで進められた。
1アウト3塁のピンチ、初回から痛い出だし。
それでも真中は、見ていることしかできなかった。

3番バッターはボールの上を叩いてしまい、大きく緩やかなバウンドで、宇形の方へ飛ばした。

「宇形いったぞ!」

「ホームだ!」


宇形は慣れた手つきで打球を処理し、素早く本塁へ送球した。

「おりゃっ!」




「アウト!!」

「おお!ナイスプレー宇形!」


好送球とキャッチャーの巧みなクロスプレーよって、ピンチを凌いだ宇形だった。
真中は試合に出たくて、ずっとそわそわしていた。
後続をしっかりと打ち取り、2回へと繋げる。

7番がフォアボールで出塁したので、宇形の記念すべき1打席目が回ってきた。
2アウト1塁、安打でチャンスを広げたい場面である。


「宇形!リラックスしろよ!」

「(そ、そんなのわかってるんだ)」


緊張からか、思うように振れず凡退。
それから回を重ねるごとに失点を重ねてしまい、4回裏に先発の藤山が、打球を太ももに受けて降板。


中々打撃が奮わず、1対5で交代となる。
投手陣は敗戦処理と勝手に決め付け、落胆していた。


「うちのチームは勝てる場面しかやる気を出さないのか?練習試合で経験を積もうとする奴はいないのか?」

監督は、チームのメンタルの持ち方に少し呆れていた。


「じゃあ、俺やりますよ」

立候補したのは、真中だった。

「代打・ピッチャー、俺 (少年編)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く