話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

きみの嘘、僕の恋心-リアル人狼ゲーム-

幸夜曇

1日目

......あれ、何処だここ......?

部屋で眠りについたはずなのに、気がつくと僕は見知らぬ場所で仰向けに寝転がっていた。
夢? 否、夢にしては意識がありすぎる。じゃあここは一体なんなのだろう。
不安が募りながらも、いつまでもこんな事考えていたらキリがない。そう思い、起き上がってみた。
......天井、壁、床、全てが真っ黒。ドア、ベッド、机もあるが、それも限りなく黒に近い色で、この世の建造物とは到底思えない。

ますます不安になった時、部屋中に誰かの声が鳴り響いた。

「おはようございます。突然ですが、この暗黒の館においでくださった皆様には、只今よりリアル人狼ゲームをプレイしていただきます。ドアを開け、広間に集合してください」

アナウンスから聞こえてきたのは、人狼ゲーム......しかもリアル。
本や映画で聞いたことがあるが、なんで三次元に住む僕__皆様って言ってたから、たちだろう__かやらなきゃならないんだ。

「現在、9名中7名が集まりました。残りのお二人は急いでください。あと1分以内に集まらなければ失格、つまり死です」

無機質な声が追って告げた。ドアの向こうからは悲鳴が上がった。死に反応したのだろう。僕も死にたくはない。急いでドアノブを捻った。

広間は個室とは違い、全てが白に包まれていた。
そこに居たのは、僕が通っている高校の制服を着て椅子に座っている7人、ドアの前に立っている人__集まっていなかった人物だろう__が1人。合計9人で、人狼ゲームとしては基本的な部屋といったところか。
そして、机には電源の入ったタブレットが9台。赤と黒を基調とした画面で、いかにも人狼っぽい。

ゲームを一緒にプレイする人には、小学校からの友達である章汰しょうた、__好きな城崎きのさき先輩、さらに彼女の事が好きだと噂されている東雲しののめ先輩もいる。

ここまで見、遅く集まった僕ら2人ご席に着いた所で、またあの無機質なアナウンスが鳴り響き始めた。

「全員の参加が確認されました、これよりリアル人狼ゲームを開始致します。
まず、参加者同士の名前やゲームの経験レベルを確認する為、自己紹介をしてください」

その指示があると、眼鏡女子が口を開いた。

佐藤栞さとうしおりです。人狼ゲームはルールなどを調べたことならあります」

名前が聞こえた途端全体からどよめきが上がった。佐藤先輩は、全校模試で1位を取ったと話題になった先輩だ。


その後、自己紹介は淡々と進んだ。

「じゃあ次は私かな! 立花朱音たちばなあかねだよ! 人狼? は早苗さなえから聞いたことならあるよ!」

「城崎早苗です。よくオンライン対戦で人狼をしています」

「東雲伊吹いぶき、人狼経験は城崎と同じだ」

椎名楓しいなかえでっていいます、人狼ゲームは名前を聞いたことならあります......」

「名前は如月陽きさらぎひな、よく人狼ゲームの実況動画を見てます!」

「は、長谷はせ章汰です、経験レベルは如月さんと同じです」

気づけば、自己紹介が済んでいないのは僕を含む2人になってしまった。最後は恥ずかしい、そう思い、口を開く。

山田晴哉やまだはるやです、オンライン対戦で中級者部屋に入ってます」

野沢和のぞわかず、経験はこいつと同じだ」

彼はそう言って、中指で僕を指した。__野沢和、名前は何度も聞いたことがある。学校イチの不良だ。章汰や椎名さんが震えている。

......暫く待っていると、この場にいる誰のものでもない「えー」という声がした。

「自己紹介が済んだ事を確認しました。部屋構成やルールの説明をします」

無機質なそいつは、長々とした説明を始めた。

部屋構成は、9人スタンダード村の狂人が妖狐に変わっているだけで、4縄3人外。
占い師による初日占いはアリで、狩人は連続して同じ人を守っても良い。いわゆる連ガありだ。2名居る市民は役職騙りNG、初日襲撃もできない。
役職や専門用語説明、夜の行動や昼の投票は、1人1台支給されるタブレットにて確認できる。......ということらしい。

無機質な声は、ルール説明の後に一呼吸置いてこう言った。

「もうすぐ夜になります。各自部屋で役職を確認し、行動してください」



……机の上に置いたタブレット。椅子は無いので立ち見。
さて、自分の役職はなんだろうか。こういうのって素村が一番いい気がするけど。
タブレットに表示された役職名は占い師。……占い師!?
重要役職だ。毎晩一人ずつ、人狼か否かを知ることができる。今回は狼が対抗に出ると思うから、いかに真目を取れるかが村陣営勝利のカギとなる。

この村は初日占い有りだ。情報皆無な中、誰を占おうか。
真っ先に思い浮かんだのは、章汰、城崎先輩、そして東雲先輩の3人。だが、東雲先輩を占うと、仮に黒が出た場合リーダーシップのある彼に負け、あっけなく処刑される未来が見える。……弱虫と思われるかもしれないが、僕はこういう人間だ。そして、現時点で色は一番気になるが、初日に城崎先輩を占うのもなんか恥ずかしい。
消去法で、章汰を占う事にした。
白だ。村陣営確定。

「全員の行動が終わりました。おやすみなさい」

          

「きみの嘘、僕の恋心-リアル人狼ゲーム-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く