話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生して猫?猫又ですか?

居眠りブチ猫

第12話 食事とチート

「美味しい!!」
メイファさんの第一声がこれだった。
オーク肉でとんかつとギャラツ(キャベツのことらしい)の千切り細目にオイルと玉ねぎ観たいのをスライスして和えて、これはわたしの好み)あとトバト(トマトの事)ポロト(ジャガイモね)を切って鳥のほねから出汁をとったスープあとはパンを出してあげた
「う~ん、本当はご飯があればいいのですが」
「んっ?お米あるよ、あと御爺様が作った味噌、醤油、みりんなどあるよ」
「ガッデム!!!市場ではみてない、一生の不覚」
「あっ、あれは商店でうっているから市場にはでてないよ」
ガーン!!それは見つけないと
「所でその商店て知ってます?」
「うん、知っているよでもあれって結構なにおいが凄いんだよね、特に造っているところでは」
「まぁ、独特ですからね」
「でもノアちゃんて御爺様の得意料理を作れるんだね」
「そうですか、多分、似たような料理なら大半はつくれるかもしれません」
「あれ、作れます?」
「あれとは?」
「天ぷら」
「できますよ、とんかつ作れるなら簡単に天ぷらなら、野菜とか海老天、かき揚げ位なら簡単に」
「本当!!今度お願いできる?」
「できます、野菜とかエビとかあれば?、最悪野菜のかき揚げなら簡単に作れるけど、鰹節か昆布があればもっといいけど」
「昆布て真っ黒の板状の乾かした海藻?」
「はい、もしかしてあります?」
「あるよ、その商店でうっているよ」
ファームおじ様、チートしまくったのね、あはは
「で、ノアちゃん質問だけど」
「はい、なんですか?」
「市場でオークの話したよね?」
「はい、しました」
「あれって、どうして?」
「あ~、あれは供給が急に増えた感じで肉屋のおじさんいってましたよね」
「うんうん」
「でメイファさんはCランクの冒険者の依頼が増えたともいってましたよね」
「うん、いったよ、確かに増えてたというか持ち込みも多い感じだから、C以下のランクの子には注意勧告されているのは冒険者ギルドで出てたし」
「メイファさんの言葉や値段とか色々な情報から想像してもしやと思ったんです」
「それで氾濫とかかが想像したんだ」
「です、でもそれっでも微妙な感じだったからそれを裏付けるなら上位種などの発生もあるかなぁ~と思って」
「ふわぁ~、それだけでの情報でそんなに考えたんだ」
「ただの老婆心です、でもメイファさん、あなたもある程度地位があるところに嫁ぐかもしれないのだから女性がシッカリ舵とらにいとダメになってしまいますよ」
「うわ、なんか藪蛇ついたかも」
「と小言をいっても、いまは食事中これ以上はいいませんが」
「助かった」
「ではメイファさん明日の予定はどのようななってます」
「わたしは明日パーティーの集まりがあるから昼はいらないかな?」
「分かりましたでは明日はわたしも午前から掃除してから買い物などします」
「あっ、大丈夫?まだ王都に慣れてないから大丈夫?」
「大丈夫でしょ、ここは意外と単純な中心広場を軸とした作りみたいだし、最悪総合ギルドからの道は覚えています」
「そっかならいいか、あと御爺様からお金も貰っていたから大丈夫だよね」
「はい、あと図書館などはあります?」
「あるよ、東側の王立学園の近くに王立の図書館が」
「お金などは掛かります?」
「お金は総合ギルドからカードでから減るから大丈夫だよ」
「では、初めに入金してから行ったほうがいいですね」
「そうだね、金貨5枚ほど入金していれば大丈夫だよ、あとお金は言ってね無くなる前に、渡すから」
「分かりました」
「あと雑貨、下着などは自分で買ってきてね」
「はい、あとお風呂はわいてますので食後に入ってください」
「はぁ~い」
でも、この家は水回りてチートだよね、もとの世界での道具ほぼ再現しているんだもの、トイレ、お風呂、台所はもうシステムキッチンで楽だし、冷暖房完備てこれじゃ、メイファさんが堕落するね、ファームおじ様チートのテンコ盛り、孫バカ全開だね
まぁ、それを享受できているからいいけど、隙間風なんて嫌だし
さてとメイファさんだと下着とタオルの替えを用意しないと本当にメイド状態だね
こんどファームおじ様に頼んでメイド修行でもしようかな?
今度、真面目に頼もう、あっ、魔法のこと頼むの忘れていた・・・助けて!!ファームおじ様でいいかな?
あははははははは



「転生して猫?猫又ですか?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く