話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生して猫?猫又ですか?

居眠りブチ猫

第7話 ノア街に出ることが決定

「え~、出ていかないでぇ~」
ただいまメイファさんに抱きつかれています、はい
「あのぉ~、出ていくとはまだいってないですけど」
「あれ、そうなの?お金なら出してあげるから」
「あっ、いえ、それでも良いですけど私が町でも生活する手段を見つけるのと買い物など、色々と世界を見るためです」
「そうなんだ?」
「だってメイファさんてそれなりの家柄みたいだし冒険者もするでしょ?」
「はい、それなりですし、お出かけします」
「その間で家でじっとしているのもどうでしょうか?」
「まぁ、そうだね、でも家の管理でもしてくれたらいいかな?」
「それでも、もしもなんてなったら私はまた出ていかないとだめでしょ?」
「うわっ、それいやだなぁ~」
「まぁ、そんなこと無いのが一番ですけど、私もいろいろな状態ですし、知識と経験はしておかないと」
「でその手段で冒険者?」
「です」
「まぁ~、それもそうだね、証明書もあるし」
「はい、で質問ですが」
「んっ?なに」
「偽装と隠蔽で種族とスキルなどは隠せます?」
「うん、たぶん大丈夫、書面でのが大半で犯罪有無が無いことが重要であとはまだ一応未成年だから保護者のなどの有無があるかが記載されているだけだから、あとはスキルは記載されないよ」
「なるほど、本当に証明書みたいな状況なんですね」
「一応提案なんだけど、ノアちゃん」
「はい?」
「身元が不明だと面倒になる場合があるから、わたしが保護者で申請してあげるけどいい?」
「まぁ、無いよりは在った方がいいですね」
「じゃ、それで知り合いの獣人の孤児でいいかな?」
「そうですね、猫獣人でも冒険者がいるかもしれないのでそれでいいですね」
「よし決定!!て、じゃ、時間をみて買い物にいこう」
と言うわけでお出かけが決定どんな町なみなんでろ?
そうだ後で魔法も覚えないと

「転生して猫?猫又ですか?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く