話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

君と剣と魔法を紡ぐ物語〜私達がお尋ね者っ!?〜

高見 燈

第2話 ウルスの洞窟▷▷ヤバい奴!!

 ーーウルスの洞窟は、蒼と白が入り混じった岩壁に覆われていた。

 なんだか洞窟と言うと、じめっとしててコウモリとかいそうなイメージだったけど、凄く綺麗な場所だった。

 それに、カルデラさんから教えて貰った……魔石の“原石”が、凄くキラキラしていて岩壁から、まるで、宝石みたいにひかってる。

 神秘的で不思議な所だった。

 最初こそは広くて歩きやすかったけど、奥に行けば行くほど、道は曲がりくねったりしてきた。

 狭さはそんなに変わらない。
 けれど……さっきから異様に寒い。
 なんか……真冬に冷凍庫を開けた時みたいな……ひやっとするあの寒さ。

 手も少しかじかんでる。氷を掴んだ時みたいに。

 はー……

 なんだか白い息まで、出てきたけど。

「寒いよね?」
「ああ。一気に冬になったみてーだな。」

 隣で答える飛翠の口元からも、白い息が零れていた。銀の鎧を揺らしながら歩くカルデラさんは、平気なんだろうか?

 私や飛翠みたいに、マントやポンチョみたいのを着てないんだけど。
 あの鎧は“防寒”にもなってるんだろうか。

 まさか、カイロなんてないだろうし。

 と、思っているとカルデラさんが、近づいてきたのだ。

「え? どうかしたの?」

 私がそう聞くと、カルデラさんはしっ。と、口元に指をたてた。

 え? また? まさか!? 追手とか!?

 このジェスチャーは、“静かにしろ”だ。万国共通なんだな。

「ここには“ちょっと危険なの”が、棲んでおる。この奥は、その者の棲み家。少し静かに進むぞ。」

 カルデラさんは、ひそひそとそう言ったのだ。

「え……? なにそれ? ヤバいの?」

 私は自然とそう聞いていた。
 “魔物”がいる事は、わかったからだ。ここに来るまでは、今の所遭遇してないけど。

「ワシは“苦手”だ。」

 と、カルデラさんは言うと戻ってしまった。少し先を歩き案内の様に、先導してくれているからだ。

 待たせている黒馬の手綱を掴むと、再び歩きだしたのだ。

「なんなのかな?」

 私は、トーマスくんの手綱を掴みながら歩きだした。隣の飛翠も白馬を引いている。

「さあな? てか、あの“草原”にいた時は、何度か“魔物”に会ったよな?」

 と、飛翠はそう言った。

「そうね。黒崎さんと飛翠のお手柄だったね。」

 そう。“モザ平原”では、あの後、何度かウルフとやらに遭遇した。黒崎さん……あー……。えっと。
 “ゼクセンさん”と、飛翠の活躍と私のちょろっとの活躍で、撃退した。

「魔物ってのは、“神出鬼没”みてーだったよな。」

 と、飛翠はそう言った。
 吐く息が白いのがどうにも気になる。見てると寒気がする。

「うん。いきなり出てきた。」
「ここにもいても、おかしくねーってことだよな。」

 飛翠のその言葉に、私は視線を向けた。

「そうだけど……。なに? まさか会いたいとか、言わないよね?」

 声のトーンをなるべく落として、会話する。でも、洞窟だから反響する。

「つーか、だったらこんだけ歩いてて、なんで出てこねーんだ? おかしいだろ。」

 と、飛翠はそう言ったのだ。

「あ。言われてみれば……そうだよね。洞窟なんていそうだもんね。暗いし人目につかないし。棲みやすそうだよね?」
「幽霊じゃねーだろ。」

 飛翠からのツッコミを頂いた。
 これでレベルアップとかになんないかな。

「ん〜……やだ。そうゆうハナシをすると、寄ってくるんだよ? やめようよ。私。やだ。会いたくない。」

 断固拒否だ! お断り!

「だから幽霊じゃねーっつーの。」

 呆れた飛翠も、頂いた。

 右に曲がる様な洞窟の道。
 灯りはあるからまだ道もわかりやすいけど、これ。真っ暗だったら壁にぶつかるよね。

 こんだけくねくねされてたら。

 私達が、そのトンネルの様な道を曲がった時だ。

 少し開けた場所にでた。

 空洞とまでは行かないけど、視界が広がった。

 なんだかキラキラした“者”がいた。
 それも浮かんでいた。

「へぇ? 珍しい。“王国兵士”と……。ん? なんだかへんてこりんな格好だね。」

 しゃ……喋った。

 宙に浮いているそのキラキラした者ーーは、見た目からして変!

 蒼白い光に包まれたその身体。ふわふわしたスカートみたいな服。
 でもその上にも蒼い布みたいのを巻いて着ている。

 白いスカートみたいのは、羽根みたいにひらひらしてる。けれど、耳が尖っていた。

 それに、髪の毛まで蒼と白が混じってて、アッシュ系。でも……なんだか血の気が無いのは気の所為?

 美白とかの問題じゃないぐらい、顔真っ白だけど。真っ青? かな。

「出おったか。」

 と、カルデラさんはそう言うと、その腰元に掛けていた剣を抜いたのだ。

 え!? 抜いた??
 ってことは……

 隣で何やら気配がする。

「アンタもかいっ!!」

 私は思わず叫んじゃったよ!
 だって飛翠が、“大剣クレイモア”とやらを既に、構えてるんだもの。

「は? 魔物だろ。」

 さらっと言うな。さらっと。

「おやおや。それなりに“良さそう”なもの持ってるじゃないか。へぇ? へんてこりんなのにね。」

 きらきらと蒼い眼が、光ってる。ほっぺたに蒼い跡みたいのが、ついてるけど美人。
 三本の爪痕? に、似てるかな。そんなカタチをしたアザみたいのが、両頬についてる。

「飛翠殿。“早まるでないぞ”。こいつは“妖精エルフだ。変な力を使ってくる。」

 カルデラさんは、剣を構えた飛翠にそう言ったのだ。

「魔法って言いなよ。人間」

 冷たい返しが聴こえてはきたが、そんなことよりも。


 え? ”妖精エルフ!? 今……そうおっしゃいました??

 確かに聴こえた。

「ほぉ。良かったじゃねーか。蒼華。会えたな。」

 飛翠の嫌味が聴こえた。
 しかも、なんだか感じの悪い顔をしている。

「ウソだね! こんなんじゃない。もっとほわほわして、カワイイんだから! こんなキツそうで、性格ワルそうじゃないんだから! それにもっと小さいし!」

 と、私は指を指してそう言った。

「失礼だね。小娘。」

 え? 

 その声が聴こえたと思ったら、なんか飛んできた。

「きゃっ!!」

 私は思わず飛翠にしがみついた。

 見れば、地面に氷の刃みたいなのが、突き刺さっていた。氷柱つららみたいだ。

「なに?? ねぇ? なんなの?」
「だから“エルフ”だろ。」

 飛翠はそう答えた。

「蒼華殿! “炎”じゃ。」
「は??」

 カルデラさんの声が、聴こえた。

 なんて言いました!?

「へぇ? “魔法使い”かい?」

 ぎろっと睨まれた。
 蒼い眼で。

 凍りつきそうなぐらい、感じ悪い眼ですけど。

 しかも、右手をこっちに向けてる。

「いやだ! 飛翠! 何とかして!!」
「うるせーな。わかってるっつーの。」

 こんなところで、氷柱つららで死にたくない!

「蒼華殿。大丈夫じゃ。ワシもついておるでな。」

 カルデラさんの優しい声が、聴こえてきた。
 見れば、優しい眼をしていた。

「落ち着け。とりあえず」

 その声に、私は見上げた。
 飛翠もなんだかちょっと……優しい目をしていた。

「さて。久々の“獲物”だね。ここらで、あたしのコレクションにでもしてやろうか。」

 エルフとやらの、右手が青白く光はじめた。
 私は、咄嗟だったけどトーマスくんのお腹から、ロッドを抜いていた。

 ちゃんと落ちない様に、ベルトで押さえた銀のロッドを。

 はぁ。

 落ち着け。そう。大丈夫。
 逃げるか。戦うか。それしか無い……

 と、私が思った時だ。

 ゴッ!!

 何やら物が落ちた音がした。


 その音に前を見る。

 私の足元だ。
 ほんとすれすれ。

 そこに、氷柱つららみたいな氷の刃が、突き刺さっていた。

 厶……ムリかも。

 こんなので刺されたら……アウトでしょ。

「お喋りはそんなに好きじゃないんだ。さっさと氷漬けになりな。」

 冷たい眼をしたエルフは、右手を私に向けた。そこに光る青白い円の様な光。

 薄気味悪く口元をにたり。と、あげている。

 妖精エルフは、お姫様の手助けをしてくれて、話し相手になってくれるとってもカワイイ存在。

 そんな概念が消えた日だった。

「君と剣と魔法を紡ぐ物語〜私達がお尋ね者っ!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く