話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

君と剣と魔法を紡ぐ物語〜私達がお尋ね者っ!?〜

高見 燈

第1話 ウルスの洞窟▷▷魔石の秘密

 ーークレイルの街を出て暫くは、草原を走り抜けた。

 月は満月。
 なんだか紅いフルムーンでどうにも、不吉な予感しかしない。

 神秘的なんだけどね。

 風が冷たい。
 昼間とは大違いだった。このポンチョみたいのが無かったら、大変な事になっていただろう。

 とは言え、足は少し寒いかな。

 パッカパッカと、軽快な足音をたてながら走る三頭の馬。

 既にクレイルの街はもう見えない。
 だいぶ走ってきた。

「カルデラさん! どこに行くの? さっき洞窟とか言ってたけど。」

 私は少し先を走るカルデラさんに向かって、そう叫んだ。

 その後を私と飛翠が追いかける形になる。

「イレーネを出るんじゃ。さすればそこまで追手を気にせんでも行けるじゃろ。」

 と、カルデラさんはそう言ったのだ。

「……領土を出るって事は、他の領地に入るって事だよな?」

 と、聞いたのは飛翠だ。

「ああ。“ケネトスの台地”は領地ではない。あそこは“無法空間”。つまり“自由な地”だ。その先には、“アトモス公国”があるがな。」

 カルデラさんの声を聞きながら、私は何がなにやら? だった。

 アトモスだかケネトスだか……よくわからないけど、この領地にいるよりはマシなんだろうな。と、何となく思った程度であった。

 草原をひたすら走って行くと、岩山が突如として目の前を塞いだのだ。

 どうやらここをぬけるらしい。

 広い草原にせりたって出てきた岩山。
 岩肌は私の思う土の色とは異なっていた。蒼と白が入り混じった、キラキラとした岩肌だ。

 ぽっかりと空いている穴。

 大きな入口に私達は、馬を走らせたのだ。

 洞窟の中は外より少し寒い。
 ぶるっと、私の肩は震えた。

 中は暗いのかと思ったけど、意外だった。
 明るいのだ。

 まるで蒼と白の入り混じった壁が、灯りにでもなっているかの様に、オレンジ色の光を照らしていた。

 ランプの灯りみたいだ。

 岩の地面を歩いて行くと、カルデラさんが立ち止まったのだ。

 黒馬から降りた。

 私達の馬も止まった。

「この先は歩いて行く。少し狭くなったりするでのう。」

 と、カルデラさんはそう言った。

 今の時点ではそうは思えない。
 とても広い洞窟だからだ。

 まだ入口がしっかりと見えている。

 私は先に降りた飛翠に手を借りながら、トーマスくんから降りた。

「この岩は自然発光なのか?」

 飛翠は白馬の手綱を引きながら、そう聞いた。

「そうじゃ。この岩壁の中には“魔石”の源。元素の塊が埋まっておる。」

 カルデラさんは黒馬の手綱を引きながら歩く。ガッシャガッシャと、鎧が音をたてる。

「え? そうなの? この中に……」

 私は岩壁を見回した。
 オレンジの灯りを照らしているけれど、何だか大きい。岩の中で光が灯ってる様にしか見えない。

 ロッドの先についている魔石とは、違う。

「これを掘り出してみんと、“魔石”になるかどうかはわからんのじゃ。」

 と、カルデラさんはそう言った。

「え? どうゆうこと?」

 と、私はそう聞いた。

 洞窟の中は確かに少し狭くなった。
 それでも私と飛翠が、並んで歩いても大丈夫だ。

「魔石とは不思議なものでな。“人の手”は一切加えておらん。天然ものだ。掘り出し外に出した後、勝手に魔石になるのだ。お主たちの持っているものが、“魔力”を秘めた魔石だ。」

 と、カルデラさんはそう言った。

「他にもあるのか?」

 聞いたのは飛翠だ。
 何だかこんなに興味を示している飛翠は、珍しい。いつもこんなに熱心に話に食いつかないのに。

「宿屋のランプ。あれも“魔石”じゃよ。」

 カルデラさんは、私達の方をちらっと見ると笑った。

「え? そうなの? あのランプが?」

 と、私はちょっと驚いた。

「そうじゃ。“灯り”をつける為に魔石を使う。魔力を持たない元素の塊を、“原石”と呼ぶ。その原石は、この世界にとって大切な“資源”なのだ。用途は様々。火を起こし、灯りになり動力ともなる。そのうちわかるじゃろ。」

 と、カルデラさんは何だか楽しそうに笑っている。

 つまり……ガソリンとかガスみたいなものか。
 へぇ。面白い。

 何か色々ありそう。

 私は自然と興味が湧いた。
 この世界の“数ある不思議”を解明していくのも、面白そうだと、思ったのだ。

 普段……何気なく使用しているものが、この世界では、全く別のもので、でも同じ様なものだったりする。

 そう。暗闇を照らすランプは、私の世界でもある。電球だけど。それを、この不思議な”石“が補う。なんだか……楽しくなってきた。

「カルデラさん。それってやっぱり色々あるの? 例えば……水とか。」

 と、私は聞いてみた。

「水は“自然”のものじゃよ。あと、大地や空気。森もそうだ。自然だ。ああ。水力で船を動かす事には使われるな。」

 と、カルデラさんは少し不思議そうな顔をしながらそう言った。

「なるほどな。“エネルギー資源”ってことか。」

 と、飛翠はそう言った。

 あ。わかりやすい。

 私は納得した。

「エネルギー資源? まあ。“源”と言う意味ではそうかもしれんな。」

 何だかカルデラさんの言う“エネルギー”と、飛翠の言う“エネルギー”は、ちょっと食い違ってる気もしたけど、まあいいか。

 うん。言葉は難しい。

「あ。カルデラさん。魔石って……持つと誰でも魔法が使えるものなの?」

 と、私はそう言った。

 現に、私と飛翠は同じものを、持っている。

「魔法と魔石については……ワシよりも、ゼクセン様の方が詳しいんだが……。ワシは使わんからな。」

 洞窟を歩きながらカルデラさんは、酷く困っている様な声をだした。

 前を向いていて顔は見えないけど、声でもそれはわかった。

「え? 使わない?」

 と、私が聞くと

「王国には“専属”と言うのがいてな。魔道士達の魔法の方が、強いしな。魔石の魔法とは、簡単に言うと“誰でも使える初歩的魔法”だそうだ。」

 なに? その“お試し”みたいなノリ……。

「それに……ワシは苦手でな。」

 と、カルデラさんの声は少し小さくなった。

 顔は見えないけど、たぶん情けない顔してるんだろうな。

 おほん。

 カルデラさんは一つ咳払いをした。

 意を決した様に話をしてくれたのだ。


「魔石の魔法は、“四大元素”と呼ばれるモノしか使えんのだ。“火、氷、風、雷”。その他は“魔道士”や“魔法使い”の特権でな。う〜む。なんと説明してやったらよいものか。」

 本当に苦手なんだな。
 カルデラさんは、首を傾げている。
 オレンジっぼいその肩までの髪が、揺れた。

「おお。そうだ。“下級魔法”じゃった。そうだ。そうだ。」

 うんうん。と、頷いているのがわかる。

「“単体魔法”と呼ばれるもので、敵に対して単体攻撃と、全体攻撃がある。下級魔法は単体のみしか使えん。威力もある程度までは範囲があるが、それ以上の強さはない。」

 と、カルデラさんは少し坂になっている洞窟の道を歩きながら、話をしてくれた。

「つまり、“進化”と言う過程はないのだ。それに武器に装着出来るのも“魔石”三つのみ。魔法使いや魔道士は、関係ない。」

 と、そう言ったのだ。

「それなら魔石って余り意味がないの?」

 と、私はそう聞いた。

「いやいや。斬撃などが効かん敵もおる。そんな時に利用するのが、“魔石と魔力”の混合技だ。これは“戦士と魔法使い”、もしくは魔道士がおらんと使えん。」

 カルデラさんは、ちらっと後ろを見てくれた。やっぱり優しい眼をしている。

「混合技?」

 飛翠は本当に興味があるみたいだ。
 真剣にそう聞いてる。

 カルデラさんのライトブラウンの瞳が、煌めく。やっぱりオレンジっぽくも見える。

「“魔法剣”だ。」

 と、そう言ったのだ。

「「魔法剣??」」

 同時だった。

 私と飛翠の声は。

「魔石を装着した武器を持つ戦士と、魔法使いの魔力が無いと成立しない“力”だ。戦士の武器に魔力を備えさせる。王都には“魔法剣士”と言う専属部隊もいる程だ。」

 カルデラさんは、私達二人を見ながらそう教えてくれた。

「なんかカッコいいかも……」

 私はとても惹かれてしまった。

 魔法と剣のコラボか。

 なんかワクワクしてきました。

「君と剣と魔法を紡ぐ物語〜私達がお尋ね者っ!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く