話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

君と剣と魔法を紡ぐ物語〜私達がお尋ね者っ!?〜

高見 燈

序章 私達の向かう先

 ーーぺちぺち。

 と、なんだか頬を叩かれている様な気がする。

「おい、起きろ。蒼華そうか。」

 ん〜……この声は……ガキ大将?

 私は目を開けた。

 頬を叩かれて起こされた。
 オレンジのランプの下で、見下ろす顔。

飛翠ひすい

 私はどうやらベッドで眠りこけていた様だ。

「蒼華殿。行きますぞ。」

 ん? この声は……。

 私はようやく起き上がった。

 部屋の中には飛翠と、それからカルデラさんがいた。カルデラさんは、銀の鎧を着たままでドアの側に立っていた。

 私は、ベッドの上から降りる。

 いつの間にか寝ていたらしい。

 すると、飛翠が私にブラウンのショールみたいなのを渡してきた。

「これ着ろ。寒みぃらしい。」

 と、そう言われたので私は受け取ると眺める。ポンチョみたいになってた。

 なので頭から被って着ることが出来た。

「あったかい」

 布なんだけど、なんか毛布にくるまってるみたいにあったかい。

 飛翠はマントみたいなのをかぶった。
 背が高いからこのポンチョじゃ意味ないんだろうなぁ。

 色は同じブラウンだったけど。

「カルデラさん。もしかして……王国の人たちが来てるってこと?」

 私はソファーに立てかけておいたロッドを掴む。
 飛翠は、大剣を背負った。
 なんかベルトみたいのをいつの間にか装着してるし。

 それで背中に背負れる様になってる。

「近づいて来てる様ですな。遠くで火が灯ったのを、この街の人間が見たそうだ。」

 カルデラさんの声は何処となくひっそりとしていた。

 すっかり夜になっていて、窓から射し込むのは月の灯りだ。
 部屋の中も薄暗い。

「この街から出るんだと。」

 飛翠はそう言うと私に、ショルダーバッグを渡してきた。学校に持っていってるバッグだ。

「どうやって?」

 と、私が聞いた時だ。

 コンコン……

 部屋のドアがノックされた。

「カルデラさん。」

 と、ドアの向こうから男性の声が聴こえた。

 カルデラさんはドアを開ける。

 なんだか緊張してきた。

 それはこの宿のフロントにいた男の人だった。左手には、ランプを持っていた。

 紅い光とオレンジの光が灯るランプだ。

 私と飛翠は荷物を持ちドアに向かった。

「蒼騎士の連中です。そこまで、多くはないですが、“サデューさん”がいます。」

 と、男の人はひそひそと小声で話をしている。

「出発の時じゃな。」

 カルデラさんの腰には重そうな剣が、挿してあった。その剣を使うんだろうか。

 私はそんな事をちらっと考えてしまった。


 宿の男の人の案内で、私達は下に降りると外に出る。表玄関ではなく裏口からだった。

 そこには既に、馬が三頭。

 ああ。トーマスくん。
 元気そうでなにより。

 私の乗ってる馬ーー、トーマスくんは茶色の毛並みがつやつやしていた。
 頭をぶるぶるとさせて、出陣の時だと悟っているかの様だ。

 戦う気はないけど。

「すまんな。“ヴィッセ”。」

 と、カルデラさんは馬を連れて来てくれたであろう。男の人にそう言った。
 馬小屋の主人であった。

 何だか心配そうにカルデラさんに、黒馬の手綱を渡している。

「本当は街の外れから出るのが、安全なんだろうが……街の中は目立つ。“ホルン峠“を越えてゆくしかないだろうな。」

 と、ヴィッセと呼ばれた男の人はそう言った。

 するとカルデラさんは

「いや。それは余りにも危険すぎる。お二人はまだ“浅い”。少々遠回りだが“ウルスの洞窟”から回る」

 と、言った。

 ホルン峠? ウルスの洞窟? 
 なんだかどっちも怪しい。

 とにかく“平坦な道”では無さそうだ。

「お気をつけて」

 と、トーマスくんに乗る私に手を貸してくれたのは、宿屋のフロントの人だった。

「ありがとうございます」

 私は、ロッドを持ちながら手綱を握る。

 それぞれ馬に乗り、出発である。


 私はヴィッセさんと宿屋のフロントの人に手を振った。

 こうして私と飛翠。
 そしてカルデラさんは、“サデュー”とやらの気配を感じながら、クレイルの街を後にしたのだ。

「君と剣と魔法を紡ぐ物語〜私達がお尋ね者っ!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く