話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

君と剣と魔法を紡ぐ物語〜私達がお尋ね者っ!?〜

高見 燈

第11話  クレイルの街

 ーー太陽が沈む。

 夕焼けが広がる草原。
 山と川……。大きな草原。

 それしかないのだけど、でもなんだかこの夕焼けは目に染みる。

 太陽ってこんなに大きいんだっけ?

 普段……太陽なんてビルとビルの間ぐらいでしか見ないから、私はオレンジの燃える様な夕陽を、茶色い毛の艷やかな馬。

 トーマスくんの背中で見ていた。

 山の間に沈む夕陽。
 綺麗だな。と、思っていた。

 こんなふうに思うのもこの、壮大すぎる世界のお陰かも。

 こんなに広い世界は見た事がない。
 空と川と山と草原と大地。

 他に何も無いのに、綺麗だと思う。
 夜景とかも好きだけど、そんなレベルじゃない。

 ああ。生きてる。
 叫びたくなるね。

「もう直ぐ着くぞ。」

 と、少し掠れた声が響く。

 イレーネ国から連れ出してくれた“カルデラ”さんだ。この夕陽みたいな髪の毛とひげをしている。

「カルデラさん。それよりも大丈夫なの? お城の人じゃないの?」

 そう。この人はあのイレーネ国のお城にいた鎧武者だ。と言っても西洋の鎧なので兵士か。

 あ。でも“カルデラ様”とか、呼ばれてたよね? もしかして偉い人だったりするのかな?

「気にするでない。拙者もついてまいるぞ。お主らの事は、“ゼクセン様”より頼まれておるからな。」

 わっはっは!

 と、高らかに笑うのはいいんだけど……。

 え!? ついて行く!?

「カルデラさん。もしかして……私達と一緒に……“何かする”ってこと? 何する気!?」

 いや。そろそろ帰ろうよ。
 とりあえずマリーさんは、助けたし。
 色々と謎は残ってるけど、もういいでしょう。

 と、私はなんだかホームシックとやらの気分に浸っていた。

 きっとこの壮大な自然と夕陽のせいかもしれない。

「お主らは“完璧なお尋ね者”だ。わかっておると思うが。」

 あーほら! やっぱりね!
 そうなりますよね!? だってお城から逃げたワケだし!

 これは絶対に仕組まれてる!
 あの“月読つくよみ”爺さんのせいだ!

 いちお、申し訳なさそうにそうは言ってくれたけど、カルデラさんの顔は夕陽に照らされて、なんだか清々しいけど、気の所為かな?

「助けて貰ったのは嬉しいけど……なんでそんな事をしたの? 何か恨みでもあります??」

 あ! もしや! 卑怯者呼ばわりしたのが気に食わなかった!? ああ。あの時の私よ。カムバック!! さあ。謝るんだ!

「ほれ。見えて来たぞ。“クレイル”だ。」

 と、黒馬の背中に跨がる勇ましい親父兵士は、清々しい顔で指をさしたのだ。

 いや! 聴いて! お願いだから。人の話。
 ここの世界の人は、基本的にスルーなのか!?

 とは思いつつも、私も気になってしまう。

 トーマスくんの背中の上から見下ろすと、そこには街の様な集落が広がっていた。

 最初に訪れた“アレス”よりもかなり大きい。あれを町や、村と言うならここは“タウン“だ。

 建物がたくさん建っている。
 どれも少し古そうな建築だけど……、日本の造りではない。

 ヨーロッパとかオランダとか……写真でしか観たことないけど……塔みたいな建物が多い。

 さすがに風車はないみたいだけど。

 そこに大きな農園みたいのも広がっていて、なんだか田舎の方の繁華街みたいだ。

 翼の無い馬たちは、空を走る様にしながら飛んできた。その街の少し手前で、私達は降りたのだ。

 街の入口は橋が掛かっている。
 茶色っぽいアーチ型の橋だ。大きな運河の上に架かっている。

 馬に乗った甲冑を着た人や、街の人だろうか……軽装の服装の人が多い。

 なんだろ。ポレロみたいなのを着ている人や、マントみたいのを掛けてる人。
 スカートなんだけど……無地でラインの無いふわっとした感じとか。

 本当に……ちょっと昔の服装みたいな人が多い。

 セーラー服には言われたくないだろうけど。

 あ。でも似たような格好してる子供もいる。なんだっけ。水兵さん? セーラーにリボンついた服装。カワイイな。

 私達は馬を連れて街に向かった。
 この短いけど大きなアーチ型の橋を渡ると、クレイルの街らしい。

 カルデラさんに先導して貰いながら進む。

 街の入口は門がない。
 橋を渡ると直ぐに家などが、建ち並ぶ集落。

 煉瓦の様な石畳の地面が広がる。

「やっぱり洋風なんだね。」

 私は隣にいる飛翠にそう言った。

「だな。日本じゃねーのはわかる。にしても眠みぃし、ハラ減ったな。いい加減。」

 飛翠はあくびした。

 なんでこー情緒ってのがないのかね!?
 欲望に素直な男だな!

 私はトーマスの手綱引きながら歩く。

 カルデラさんは、街の中に入ると本当に直ぐ側にある大きな建物の前で、立ち止まった。

 入って直ぐだった。

「今夜はここに泊まるぞ。」

 と、言うと脇にある大きな馬小屋。
 そこに入って行ったのだ。
 黒い馬を連れて。❨名前をつけよう。あとで。❩

「おや? カルデラさんかい? どうしたね?」

 藁を運ぶ男性がそう声を掛けた。

 蒼っぽいハンチングみたいな帽子を、被っている。膝丈のパンツに白い長靴下。
 黒っぽい靴。

 革靴より丸い。
 クリーム色のポロシャツみたいなんだけど、丸首だ。襟はない。

 カルデラさんと並ぶと中学生みたいだ。

「一泊したいんだ。馬を頼めるか?」

 カルデラさんは、目の細い男性にそう言った。
 藁を纏めて持っているその男性は、自然と私達に視線を向けた。

「なんか変わったの連れてるな。ありゃ、なんだ? 見た事ないが……”エルフ類“か? それとも”精霊“か?」

 と、男性はそう言ったのだ。

 エルフ? 精霊? どこかで聞いたことのある単語がちらついた。

「そうゆう世界なのか。やっぱ。」

 と、飛翠が白馬に寄りかかりながらそう言った。

「……会ってみたい。エルフ。」

 私は本当にそう思っている。
 だが、この時の私のエルフと言うのはとても浅はかな認識であったと、後で思い知らされる事になる。

 私の思い描くエルフとは……“妖精エルフ”の事で、絵本なんかに出てくるものだ。

 私が良く読むメルヘンな物語に登場して、お姫様の話し相手になったり、ちょっと手助けしてくれるカワイイ存在。

「俺はアレだな。巨人族トロールとか見てみてーな。」
「え!? やだ! だって人を食べるんだよ? どうすんのよ。食べられたら。」

 またもや野蛮な発言だ。このお方は何でこうカワイクないのかね。

 飛翠はフッ……と、またバカにした様な笑い方をする。

「あ。お前は直ぐに喰われそうだな。弱そうだから。」
「アンタを盾にして必死で逃げるよ!」

 あーやだ! ほんとにやだ! このひねくれ坊主!! 少しは乙女の心をいたわれっつーの!

「おーい。コッチ来い!」

 と、カルデラさんが呼んだので、私と飛翠はそれぞれ馬を引っ張り草むらの広がる敷地に、足を踏み入れた。

 丸い屋根の馬小屋。
 壁はやっぱり煉瓦みたいな石造りだ。
 アーチ型の屋根は木。

 牧場とかにある飼育施設みたいなのに、なんかお洒落。

 大きな馬小屋だ。
 隣に建ってる煉瓦造りの洋館と同じぐらいの大きさだ。

 馬小屋に案内してくれたのは、さっきカルデラさんと話をしていた男性だ。

 小屋の中は広い。柵があって藁が敷き詰めてある。そこに仕切りされて馬たちが、入っていた。

 一頭ずつではないみたいだけど、二〜三頭ずつ入っても広い柵の中。
 そこに何頭か、馬がいた。

 男性は山盛りになってる藁の上に、持っていた藁を置いた。
 そのまま向かってくると、空いている柵のケージ。そこを開けた。

「ここに入れておくといいよ。」

 と、男性はそう言った。

 なんか本格的な冒険の世界だ。

 私はトーマスくんをケージの中に促しながら、そう思う。

「出発の時間に顔出せばいいさ。ゆっくり休みな。」

 と、男性は細面のその顔で笑いかけてくれた。

 ああ。ようやくなんかホッとする笑顔が見れた。この世界で……。

「君と剣と魔法を紡ぐ物語〜私達がお尋ね者っ!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く