話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

君と剣と魔法を紡ぐ物語〜私達がお尋ね者っ!?〜

高見 燈

第6話  魔石と馬

 ーーつまり。この三色の石をこのロッドに装着させると、私は“魔法使い”になれる。

 ってこと!?

 あらまー。凄いじゃないの!シンデレラのかぼちゃの馬車とか出せんのかな? 


 あれ。乗ってみたいんだよねー。キラキラドレスとかさー。ガラスの靴でしょ! やっぱり!!


 ガールズドリーム!!


「おい。帰ってこい」
「え!?」

 飛翠の声に、私はロッドを持ちながらくるくると、回っていた事に気がついた。

 きっとにやにやとしていたんだろう。

 とても気味悪そうに見ていた。
 冷ややかな視線だ。

 ごほん。

「失礼」

 私は取り乱した事を謝罪した。

「結晶を見ればわかるとは思うが、その三つの魔石はそれぞれ、“炎、雷、氷”の魔力を秘めている。序の口だな。基本中の基本だ。」

 と、黒崎さんは言うと私のロッドを掴む。

 頭の方を下げた。

「ここに“魔石”をセットする“装着穴”が開いている。」

 それは先端から少し下にあった。
 穴が三つ。まるで逆三角形をカタチづくる様に開いていた。

 飛翠も剣を見ている。
 どうやら剣の刃と柄の間に、同じ逆三角形のカタチを作る様に、穴三つが開いている。

 何か……ボーリングのピンの並びを思い出すカタチだ。

「どれを何処につけるとかあるの?」

 私は魔石を貰いながら、そう聞いた。

「決まりはない。好きにしていい。」

 飛翠にもどうやら魔石を渡している様子。黒崎さんは、丁寧に飛翠にも、説明していた。


 私達は、それぞれ填めた。
 カチッと。
 本当にぴったりと嵌った。

 でもなんかしっかりと埋まってない気もするけど……。

「え? 落ちないの?」

 と、そう言うと隣では、ぶんっ! ぶんっ! と、大剣振り下ろす飛翠がいた。

「落ちねーな。」

 と、魔石を見つめていた。

 実演ありがとうございます。

「よし! それならば行くか。」

 黒崎さんの一言で、セーラー服とロッド。
 蒼いブレザーの制服と“大剣クレイモア”の私達は、いざ!

 出陣!!


 ✢


 ーー王都イレーネまでは、どうやら闊歩。じゃなかった、馬に乗って行くらしい。

 いやいや。あんな魔法使えるんだから、ここはズバッとしゅんっと、瞬間移動でしょ!

 とは、言いたかったが言えなかった。

 何しろこの馬……

「ちょっとー! なんで真っ直ぐ歩かないのよ!! こら! しっかりしてよー!!」

 手綱引いても言う事聞いてくれない。
 今だってぶるぶると、頭振って歩くんだか歩かないんだか、ワケわからん。

 そもそもーー、この茶色くてとても綺麗な馬が、私に対してご機嫌ナナメなのは、乗る前に頭を撫でてあげようとしたのが、原因だった。

 私はーー、彼? の前足を思いっきり踏んづけてしまったのだ。

 その為、この有り様だ。
 振り落とされそうになるのを、必死でなんとか踏ん張っている。

 目の前では、白馬に乗った飛翠と、黒い毛がとても艷やかな馬に乗った黒崎さん。

 二人は和やかにパカパカと、馬を歩かせている。

「あーもう! この! 言う事聞かないと馬刺しにするよ! 貴重なんだからね! 知ってる!? 切り刻んでニンニクじょうゆで食ってやる!」

 革の紐を私はくいくい!と、引っ張った。これが、手綱だ。

 長いロッドを腕に挟みながらだから、中々上手い事行かないけど……。

 えいっ。と、私は左手で手綱のベルトをくいっと低く。


 口元と鼻にベルトの輪っかつけられて、この手綱だ。馬はその為、引っ張られると頭がクイッ!となってしまう。

 これで手懐けるしかないから、仕方ないのだろうけど。

 ブヒッ! 

 ん? あ。大人しくなった。

 え? 

「わっ! バカー!!」

 違う。大人しくなったのではなかった。走り出してしまった。

 草原をーー。

 今の鳴いた声は、怒りの声!?

「お。蒼華ちゃん。もう慣れたのかい? さすがだね。人は苦手でも動物とは仲良くなれるんだね。」

 後ろの方で、笑いながら黒崎さんがなんか言ってるけど、聞こえない。

 パッカパッカと、華麗に軽快に走ってしまっているからだ。

「ちょっと!! まじ! 止まれっての!!」

 手綱どころではなく、私はこの茶色い馬の首にしがみついた。

 何しろ“鞍”とやらがないから、不安定だし、お尻が痛い。

 ヒヒーン!!

 急に。だった。


「わっ! きゃっ!!」

 馬は立ち止まったのだ。

 しかも私は急ブレーキ掛けられて、背中から振り落とされた。

 どしんっ。と、草むらに落ちたのだ。落馬だ。
 お尻から。

 コロコロとロッドまで、草むらに転がった。

「あーもう!! 馬刺しじゃなくて丸焼きだ!!」

 私がそう怒鳴った時だ。

 パカパカ! と、軽快な足音二つ。

 白馬と、黒馬が追いかけてきたのだ。

「蒼華!」

 と、飛翠の声だ。

 私の乗ってた馬は、動かない。
 何故ならそこに……またしても、変な者が現れたからだ。

「今度は“狼”!?」

 それは、大きな真っ黒な狼が三頭だ。ライオンよりもデカいんじゃなかろうか。

 飛翠は、馬から飛び降りた。

 あーかっこいい。あーすごい。とか、突っ込んでる場合じゃない。

 だってもー、おっかない!

 今にも食い付いてきそうなこの鋭い牙。
 なんなの? あんな太くて尖った牙なんか、見た事ないよ!

 それに、このイカツイ顔!
 頭低くして、明らかに臨戦態勢だよね?

 爪も長いし……引っ掻かれたら、痛そう。

「黒崎さん! なにこれ!?」

 私は飛翠の手を借りながら、叫んでいた。

 もう。本当にここは何なんですか?

「魔物だと言っただろ。アレは“ダークウルフ”だ。安心せい。然程、凶暴ではない。」

 すとっ。

 と、軽やかに黒い馬から降りた黒崎さん。
 おじいちゃん……と、言っては失礼だが、足腰強いのには、びっくりしてしまった。

 飛翠は、早々に自分の乗ってきた白馬の胴体に、ベルトで括り付けてあった大剣を、引き抜いた。

 黒い革のホルスターみたいな鞘に、しまっていた。そこから抜き取ったのだ。

 慣れた手付きで。

 何故だ? 貴方はーー、私と同じ世界の住人のはずだ。

 それに……ブレザーで白馬に剣って……。
 ヤバい。カッコよすぎでしょ!
 “王子様ですか? 貴方様は”

 およよ……と、私はフラついてしまった。

「お前。大丈夫か?」

 わかってます。そんな冷ややかな眼で見ないで下さい。妄想が止まんないだけなんで。

「放置して下さい。」

 私は、そう言いながら白馬の王子様に、キュンキュンしてしまった。

 目の前に狼ーー、じゃなかった、ダークウルフが三頭いるのを、すっかり忘れてしまった。

「せっかくだ。試すがよいぞ。“魔法の力”を。」

 黒崎さんは、木の杖を持ったままにこやかにそう言った。

 何だかこの人も、楽しそうだ。

 私は、ロッドを拾うと握りしめた。

 とにかく、やるしかない。こうなったら。

 “魔法使い”デビューしてやろうじゃないの!

「君と剣と魔法を紡ぐ物語〜私達がお尋ね者っ!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く