話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

君と剣と魔法を紡ぐ物語〜私達がお尋ね者っ!?〜

高見 燈

第5話  行く前には準備がいる!

ーー王都イレーネ。

そこに向かおうと意気込んだ私だったが、黒崎さんに止められた。

外に出た時だった。


「まあ。待ちなさい。そのままで行った所で、あの“モザ草原”の、サイキックや“ダークウルフ”らに、やられるだけだ。」

黒崎さんは、右手に金色の光を出した。

太陽の陽射しが照らす森の中だ。
その丸太小屋の前で、黒崎さんの右手は輝いた。

なんだか……眩しいと言うより、神々しい。

「本来なら、こんなカタチではなく……ちゃんとした“形式”があるんだが、この際。仕方あるまい。初期装備を授けよう」

 え? なに? なんだって?

 初期装備?

 私の頭は?がたくさんだ。

 そしてーー、これを受け取ったら二度と……元の世界に帰れないんじゃないかと、不安が過ぎったのだ。

 飛翠も私も、黒崎さんから目が離せない。

「まずは“飛翠くん”だな。君はこれだ。」

 黒崎さんの右手に出てきたのは“剣”だ。

「え? なんか長くない??」

 その剣は、大きい。

 何となくではあるが、良くマンガや映画などで観る、剣。ソードと呼ばれるものよりも、刃が長い。

「君の体格からすると、これぐらいが丁度よい。“大剣クレイモア”と、呼ばれる剣だ。見てくれはデカいが、軽い。初期だ。」

 と、右手に持つ黒崎さんだが、その身長は私より若干……低い。黒崎さんより、剣は長いんじゃないだろうか。

 150は超えている。

黒崎さんは、そんな“大剣”を、右手で軽々と持ち飛翠に差し出したのだ。

その手に光っていた金色の光は、消えていた。

柄と呼ばれる部分は、黒のグリップみたいになっていた。刃よりも細いので、見てるだけで重そうなんだけど……。

 飛翠はそれを軽々と持つと、少し離れてぶんっ! ぶんっ! と、片手で振り回した。

 なんとまー……ここまで“剣”が似合うとは思わなかったよ。

 グリップみたいな持ち手だからか、握りやすいのか、右手で振り回していた。

 刃は銀色で、光に反射している。
ただ、長刀みたいに長い。

「確かに軽いな。金属バットぐらいか? 長さも鉄パイプみてーだし。」

 と、飛翠は言うと剣の刃をまじまじと見つめている。

 発想がどうしてそう野蛮なんだ。
 じゃないか。

「その剣は“ブレイブハート勇敢な心”と、呼ばれる剣だ。お前さんの“力と心”次第で、成長する。つまり……“進化する”」

 黒崎さんは、飛翠を真っ直ぐと見つめるとそう言った。

 飛翠は、剣の刃を右肩に乗せた。
 担ぐ様に。

 なんで……サマになるんだ。そんなに。剣なんか持った事……無いよね?

イケメンのチカラは、ぱねーっす。

「さて。次は“蒼華そうか”ちゃん。だな。」

 黒崎さんはそう言うと、右手に金色の光を出し始めたのだ。

 私……? え? 待って。剣とか言うの!?ムリ!! 私はこの御方と違ってぶんぶんと、振り回せません!

 女のコですから!

 とても不安になりながら、黒崎さんを見上げた。黒崎さんの右手に出たのは、長細い棒の様なものだった。

 それは、銀色に光り輝くなんだか……カンフーの棍棒の様に見えた。

「“ロッド”じゃ。」

 と、黒崎さんは差し出したのだ。

 私はそれを受け取った。

 長い……。160近い私の身長よりも長い。飛翠よりは、低いか。

あ。でも……軽い。
それに、先の方が少し太い。これなら叩けそうだ。

持ち手は硬くて本当に鉄パイプみたいなんだけど、その先端は少し太くて頑丈そうだ。

何よりも円筒なので握りやすい。
流石に……くるくると回せそうにはないが。

ん〜……だけど、地味だよね。
なんか装飾もないし。ただの銀色の棒だ。

「ロッドって……なんか頭の方に冠みたいのとか、円みたいのとかついてて、華やかだと思ったけど。」

 と、私はそう聞いた。

 そうそう。なんかファンタジーのアニメ見た時に、翼とかついてたロッドをカワイイ女のコが、振ってたのを思いだしたのだ。

 華やかなイメージがある。

 これは、ただの銀の棒だ。
 飛翠の言う、鉄パイプと何ら変わりはない。

「初期の武器だからな。それも“進化”する。“ジャッジメント審判の心”それが、お前さんの武器だ。」

「審判の心……? え? なにそれ。」
「“意味”はそのうちわかる。」

黒崎さんは、私の心配の顔を他所に笑っている。その紫の右眼がどうしても、気になる。

と言うより……武器までもらってしまった。

 え? なんか完全なゲームみたいな展開になってきた。

 これは……ヤバい気がする。
 あの“月読つくよみ”で観た……炎を吐くドラゴンとか、出て来る感じ?? もしかして。

 ウソでしょっ!? 

 ちらっと飛翠を見れば、ぶんぶんと勇ましく剣を振り回してる。

 子供がおもちゃの武器で、なんとか戦隊! とか、やってるみたいに。

「後は……コレだ。」

と、黒崎さんはブラウンの作務衣から巾着を取り出した。布きれの様な巾着だった。

けれど、深い緑色をしていた。
巾着を開けると中から、宝石の様に煌めく“石”みたいのを出した。

「これは”魔石“と呼ばれるものだ。この世界”イシュタリア“の元素が、塊になったものだ。」

イシュタリア? ああ。そうか。ここはそう言う名前の“世界”だった。

そういえば言ってたっけ。

黒崎さんはその中から石を三つ。
取り出すと掌に乗せた。

私と飛翠は自然と、黒崎さんの方に集う。

飛翠は剣を地面に刺し、覗きこむ。

「これは“紅炎石”。」

どれも丸い石なんだけど、凄くキレイ。
ダイヤモンドみたいにキラキラしている。

黒崎さんが、持っているのは真紅に煌めく丸い石だ。宝石の塊みたいにキラキラしている。

でも、結構大きい。

「ビー玉より大きいよね?」
「スーパーボールってわかるか? それに似てる」

私の問に飛翠がそう言った。

私は首を振る。

「知らない。なにそれ。スーパーでしか売ってないの?」
「あー……悪かった。忘れろ。」

飛翠は空を仰ぐ様に上を見ると、そう言った。

んん? なんで呆れられたんだ?? え? なに?? 気になるんだけど。

ごほん。

と、黒崎さんが咳払いした。

話の“コシ”を折ったからだろう。

どうもすみません。

「良いか? この“紅炎石”を武器に装着させる。そうすると“炎の魔法”が使える様になる。ただし、どの武器にも三つ。までしか装着出来んから途中で取り換える事になる。」

と、黒崎さんはそう言った。

「え? それってなんだか大変じゃない? だって途中で付け替えたり出来るの?」

あんなバカでかい“サイ”みたいな怪物とかと、戦ってる時に付け替えろ? それってかなりの上級者なんじゃなかろうか。

「大丈夫だ。その話はちと、長くなる。後で教えてやるから。とりあえず。“紅炎石”。それからこっちは、“白氷石”。“紫雷石”」

と、三色の“煌めく宝玉”みたいな石を出した。どれも本当に綺麗だ。

中でも私が気に入ったのは、“白氷石”とやらだ。丸い石は透明の水晶みたいなのに、中にうっすらと煌めく水色の結晶。

そう。雪の結晶が入っている。

「キレー……」

光に当てるときらきらと水色に煌めく。
水晶と結晶のコラボが、何とも美しい。

「これ。いいな。」

飛翠が手にしたのは紫の宝玉だ。
私も覗く。

「凄い! 何これ? 金!?」

紫に煌めく宝玉の中には、金色の稲妻の形をした結晶が煌めいていた。
飛翠は、その稲妻の金が気に入ったんだろう。

絶対。

となると……気になるよね。

私は紅い宝玉も手にした。

「あ。やっぱり。」

真紅の宝玉の中に煌めくオレンジ色の、火を表したカタチ。メラメラ燃える様な。

それも結晶になっていた。

「その中に入っているのが“元素”の塊だ。周りは元素を傷つけない為に、創りだした器だ。それも天然だ。元素の力を秘めているから“魔石”と、呼んでいる。」

黒崎さんは、杖を手にしながらそう言った。




















 

「君と剣と魔法を紡ぐ物語〜私達がお尋ね者っ!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く