がーるずベースボール!

近衞

5話⚾︎嵐の前の静けさ⚾︎

早朝。


いつもと同じく、
鳥達が木に立ち、朝を知らせる。



俺は早起きをして、野菜を収穫する。



科学者がこの世界に持ってきた野菜は
成長が早くて助かる。



「高貴!おはよう!」



「おう。今日も早いな。」



「野菜の収穫?手伝おっか?」



「いやいい、もう終わったよ。」



俺は収穫した野菜を洗面台に置く。



響子はベッドにちょこんと腰掛けるが、
どこかそわそわしているようだ。



俺は野菜を水で洗いながら、



「今から緊張してたら、
試合までもたないぞ。」



「ご、ごめん。」



「ま、気持ちは分かる。
俺も早く野球がしたい。」



「今年は勝てる気がする。
みんなそれぐらい充実してたから。」



「ああ。このチームなら、Bランクは夢じゃない。」



「それに学校の友達にあんなに応援してもらえたの、初めてだし。」



「そうか、じゃあ頑張らないとな。」



水を止め、響子と向き合う。



「勝つぞ、響子。」



「うん!」



「おーい!」



プレハブの外から聞き覚えのある声がする。



響子がドアを開けると、



「おはよう!今日もいい朝だな!」



「聖川?どうしてここに?」



「みんなで来たのだ。今日はランク戦だからな!」



「みんな来てるで〜」


「みんな!おはよう!」


「よっしゃあ!やるぜ!」


「静かになさい、近所迷惑よ。」


「ああ!?」


「まあまあ2人とも!」



いつも通りの騒がしい姿。


「…なんか、緊張してた私が馬鹿みたい。」


「だな。」



支度を済ませた2人はプレハブから出る。


俺はみんなの前に立って、


「さあ、やるぞみんな!」







「おおーー!!」



4/26    第14回C級ランク戦開始。

「がーるずベースボール!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く