話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

全てが武器

結崎おかゆ

メタい

結崎おかゆ「俺は神だ」
佑月奏太「いや、、、メタくね?作者登場する小説なんてないよw?」
結崎おかゆ「うるさいお前ごとき消すことぐらいできるのだぞ」
佑月奏太「いやーすみません上からの命令でおかゆ様が来たらそうやって言っておけって」
上司「裏切り者ー」
結崎おかゆ「ならそいつを消そう」
上司「助けてーーー」
結崎おかゆ「そしてお前には俺に敵対する奴を報告したとしてランクBのソードボウをランクAにしてやる」
佑月奏太「ありがたき幸せ」
真阿武気津「すみませんつかぬことをお聞きしますが僕は何をすればいいんですかね」
結崎おかゆ「この世界では全てが武器になるそれを売る商人それを使い戦う戦士の二つの職業がある人気の商人は強い戦士を雇う」
真阿武気津「なるほどわかりましたー」
空九子世和「あのーつかぬことをお聞きしますがー」
結崎おかゆ「なんだお前は」
空九子世和「なんで飛んでるんですか?」
結崎おかゆ「神だからだ」

「全てが武器」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く