話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

合同籠球マネージャー

さばりん

第75話 相沢さんの影響力

ベンチに戻って来たメンバー達は、口で大きく呼吸をして、ものすごい汗を掻いていた。
落葉高校のハードワークに勝ろうと、動いた結果全員が試合が終わったかのような疲れ方をしていた。
タオルで汗を拭き、ベンチメンバーから手渡されたドリンクをゴクゴクと飲みほし、息を吐いた。

「くっそ…」
「慌てるな!」

すると、先ほどの笑顔とは正反対に怒りをあらわにした航一に対して、相沢さんが喝を入れる。

「この第一クォーターの展開は予想済みだ、むしろ6点差で抑えられているのが上出来なくらいだ」

相沢さんはそう言ってベンチに座っている選手たちと目線を合わせるようにしゃがみこむ。

「まずは、うちがやりたい攻撃は速攻だ。もう少しゴール前を固めたディフェンスをしよう。外からのシュートなら確率は多少落ちる。そのこぼれたリバウンドを取って速攻につなげよう。いいか、俺たちは初出場の挑戦者だ、何も気負う必要はない。思い切ってやってこい!」
「はい!」

相沢さんの指示にも熱が入っていた。そうだ、俺たちはインターハイ初出場の挑戦者だ。うまくいかないのは当たり前、むしろ相手の肩を借りるつもりでやればいいんだ。
選手たちの表情を見ると、疲れ果てていた表情から、再び気合いを入れ直した真剣な表情へと様変わりしていた。

改めて相沢さんの影響力を実感する。選手たちのモチベーションを上げることも監督・コーチとしての一つ重要な役割である。俺は相沢さんの一つ一つの言葉や行動を自分に吸収しようとこの舞台でこれでもかと学ばされていた。

「やっぱり相沢さんすごい…」

そんな言葉を漏らしたのは梨世であった。梨世も相沢さんの激で様変わりした選手たちの様子を見て改めて相沢さんの凄さを肌で感じたのであろう。
俺たちは相沢さんのそんな背中を見つめながら席に戻った。

「合同籠球マネージャー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く