話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

合同籠球マネージャー

さばりん

第72話 気持ちいい滑り出し

ジャンプボールを制して、最初にボールを持ったのは、川見高校だった。
高橋先輩がゆっくりと相手陣内へドリブルを突き、オフェンスの陣形を整える。

陣形を整えた川見高校は、まず航一とスタメンに抜擢された国吉くんが左右を入れ替わるようにクロスした。若干マークが遅れたところで、高橋先輩は、航一へとパスを送る。
危なげなくパスを受け取った航一は、なんとか間に合った相手のマークマンの動きを見ながら一気にジャンプした。
打点の高い位置から航一は挨拶代りの3ポイントシュートを放った。
相手選手は若干反応が遅れ、航一のシュートの対応がままならない。
航一はそのまま綺麗なシュートモーションでボールをリングへと放つと、綺麗な放物線を描きながらスパっという音と共にリングに決まり、先制に成功した。

「よしっ!」
「いいぞ航一!」
相沢さんと俺がガッツポーズを見せた。
川見のディフェンス、落葉高校もゆっくりと川見の守備陣内へとボールを運んできて、攻撃の陣形と整える。
フェイントを入れて川見ディフェンスと振り切ろうとするが、中々出しどころがなくボールを持っている選手が困惑していた。
すると、気を緩めた瞬間を逃さなかった高橋先輩がボールをカットして一気に速攻の形に入った。

ルーズボールをしっかりとキャッチして独走状態になった高橋先輩は一気にゴール前までドリブルを突いて、落ち着いてレイアップシュートを決める。

「ナイスシュート先輩!」

俺と相沢さんは拍手で高橋先輩を称えた。
そして再び相手の攻撃、川見のディフェンスがハードワークを見せ、相手の思い通りのパスを回させない、24秒オーバータイムが近づき、相手選手が無理やりシュートを放った。
そのボールはリングをかすめ、落ちてきたボールを国吉君がキャッチする。

「パス!」

するとすでに走りだしていた航一がパスを要求する。
国吉君はすぐに航一が走りだしているのに気が付き、片手でボールを掴み遠投投げで相手のゴール前へ一気にボールを投げこんだ。

山なりかつ鋭いボールは、相手のゴール前に走りこんだ航一にドンピシャのタイミングで渡った。
航一は落ち着いてレイアップシュートを決め、いっきに6-0とリードを広げた。
相手チームは、開始1分ちょいしか経っていないにもかかわらず、いきなりタイムアウトを慌てて要求した。
川見高校に取って初のインターハイでの滑り出しは最高のものとなったのであった。

「合同籠球マネージャー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く