話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

合同籠球マネージャー

さばりん

第55話 練習の成果、形原&渡辺

浮島高校の攻撃から試合が始まる。
相手チームは、スリーポイントラインの外でパスを右サイドから左サイドへと回していく。
そして、スッとゴール前へパスを送った。
マークについているのは形原だ。相手選手がゴール前でパスを受け取る。

「形原無理しなくていい。手を挙げてハンズアップ!」

形原は腰を落として手を大きく上に挙げている。身長175センチほどの形原は、腕を挙げるだけでも相手にとっては結構なプレッシャーになるものである。

相手選手は反転してシュートを放つが、形原が挙げている手を嫌がったのか、バランスをかなり崩したシュートになった。

「リバウンドだ。形原!」

形原はシュートを打った選手を体で押さえつけて、懸命にゴールから出来るだけ外側へ追いやる。
この一週間、静に徹底的に形原のスクリーンアウトの練習に付き合ってもらったのだ。
形原は、静から一度もリバウンドを取ることは出来なかったものの。静を相手にしていれば他の選手はたいしたことないだろう。形原は見事にリバウンドを取ることが出来るポジションを確保する。

相手のシュートはリングに当たり枠を外れて形原の方へ向かっていく。

「形原!いまだ!」

形原は膝を曲げてジャンプする、とボールへ手を伸ばしてキャッチする。リバウンドを取った形原の姿は、とても様になっており、カッコイイという言葉が似合うようなダイナミックなリバウンドだった。

「よしっ!」

形原がボールをキャッチして着地する。すると、相手選手がすぐさまプレッシャーに来る。

「形原プレッシャーに負けるな!」

俺の言葉を聞き取ったのかは分からないが、形原は意を決して目を瞑りながらドリブルを開始する。
相手選手を置き去りにするドリブルを形原は成功させた。

「よし、いいぞ!」

形原の川沿いでのランニングドリブルの練習が生きたみたいだ。目を瞑りながらもドリブル突破を成功できたのは、人がいる川沿いでの道で、ボールを見ずに周りの状況を確認しながら練習を出来ていた成果だろう。

「ティアちゃん!」

渡辺が形原に声を出した。
目を開けて渡辺の姿を確認した形原は、ノーマークの渡辺へなんとかパスを送る。ボールを受けた渡辺は、ドリブルを開始してゴール前へ向かっていく。

「いけ渡辺!」

渡辺は相手選手が二人待ち構えているゴール前へ突っ込んだ。右足を踏み込み、躊躇なくシュートへ持っていく。
相手選手二人も必死に渡辺のシュートを阻止しようと、ジャンプしてプレッシャーを掛けてくる。
渡辺は、そのプレッシャーをかいくぐりながら大きく右手をゴールへ突き出した。渡辺から放たれたシュートは、ボードに当たり跳ね返ってきたボールをリングが迎え入れた。
その直後にピッという笛の音と共にプレーが止まる。

「パスケットカウント・ワンスロー」
「よしっ。いいぞ渡辺!」

渡辺は、相手のプレッシャーにも負けずに見事ゴールを決めきった。さらには、バスケットカウントまで付いてくるというおまけ付きだ。

二人は、見事練習の成果をこの短時間で一気に発揮してみせたのであった。

「合同籠球マネージャー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く