話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

合同籠球マネージャー

さばりん

第50話 悪夢の時間

梨世たちはベンチに腰かけると、混乱状態で息をだたしているだけの状態で何も言葉を発することが出来なくなっていた。

「いいか!」

俺が梨世達の視線を向けさせる。

「ゾーンプレスは基本的にボールを持った相手にプレッシャーを掛けてパスコースを限定させて慌ててパスを出した時のパスカットを狙っているディヘェンスだ、強気にドリブル突破を仕掛ければ相手のゾーンは簡単に崩れる」

全員は真剣な表情で、作戦盤で説明している俺の指示を見ている。

「そこで、倉田、渡辺がボールを貰いに行っておとりとなれ、そこで梨世へのマークが一人外れたところで梨世が相手を振り切ってボールを受け取れ。そのまま、プレッシャーを振り切ってドリブルを仕掛けろ」

梨世が頷く。

「もし、梨世にボールが入らなかったときは静が中央に走りこんできてフォローしてやれ。静にボールが入った場合は倉田・渡辺は一気にゴール前へ向かって走れ」

静、倉田、渡辺が頷く。

「静が倉田と渡辺にボールを出せなくても、相手のゾーンがひとつ後ろに下がる。黒須と梨世がボールを受け取れる状態になるから落ち着いてパスを出せ。粘り強く続けるしかないが、ミスを恐れず強気で行け!」
「はい!」

俺は再び五人をコートへ送りだす。

同じく相手はゾーンプレスを仕掛けてきた。倉田と渡辺がボールをもらいに行くため走りだす。しかし、梨世に付いている二人は梨世のマークは両方とも離れない。どうやら梨世のドリブルを警戒してボールを絶対に入れさせない作戦らしい。

静が中央に走りこんできて第二の作戦に入る。黒須は静へパスを供給しようとするが、それを読んでいたかのように静のパスコースに相手選手二人が入りこむ。パスコースがなく、苦し紛れに黒須が渡辺にパスを送る。
パスが渡辺に入った瞬間、美優ちゃんが必要にプレッシャーを掛けてくる。

「気持ちで負けるな渡辺、強気でドリブルを仕掛けろ!」

渡辺はピポットを踏みながら、ドリブルのタイミングを計る。
しかし、そうこうしているうちにもう一人のポニーテールの女の子が渡辺にプレッシャーを掛けに来た。
ダブルチームのような形になった渡辺は、苦し紛れに黒須へパスを送る。
だが、それを読んでいたショートカットの女の子が見事にパスカットをしてドリブルシュートに持っていく、黒須がプレッシャーを掛けるも決められてしまう。

この後も、静に投げた黒須のパスが大きすぎて相手にカットされるなどミスを連発し続けた。

俺は、唇を噛みながらどんどん相手のペースにはまっていく負の連鎖に陥ったチームをただただ見つめることしかできなかった。

「合同籠球マネージャー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く