話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

合同籠球マネージャー

さばりん

プロローグ

川見高校の体育館では、男子バスケ部がインターハイに向けて猛練習を行っていた。

「よし、集合!」

相沢さんが部員を集める。

「今からインターハイ予選の登録メンバーを発表する」

男子部員は30人いるが登録できるメンバーは12人。半分以上の部員をベンチから外さなければならない緊張の瞬間である。選手たちは固唾(かたず)を飲みながら相沢さんの言葉を待つ。
相沢さんはふうっっと一息つくと覚悟を決めたようにメンバーを発表していった。





「メンバーは以上だ、メンバーから外れたからといってもインターハイは総力戦だ、全員が勝利のためにしっかりと取り組んでいってほしい。」
「はい、ありがとうございました!」
「それから…もう一つ僕から提案がある」

部員達がなんだろうと不思議そうに相沢さんを見つめている。

「実はな…」

「合同籠球マネージャー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く