話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

イカれたやつらがやってきた!!

れんたろう

第5話ちんこ交換

奴隷になっていたドルジを解放し、防具を無料で作ってもらえることになった俺は、希望の条件を伝えていた。



「なるほど、瞬時に着脱できる防具か」

「戦闘始まってから脱いでたら時間かかるし、常に全裸でいるわけにもいかない、着替えを持っていくのもお金かかるし荷物がかさむ。となると俺の意思で瞬時に着脱できるものがないとダメなんだ」

「今までそんな防具は見たことねえな」

「え、じゃあ無理?」

「いや、そんな物作ろうとしたやつがいなかっただけで、物があれば作れるかもしれねえ」

「言ってくれれば、集めてくるぜ!何がほしい!」

「うむ、まあ、お前さんなら大丈夫だろう。ここから、東に行ったところにダンジョンがある。そこの最深部にあるマジックストーンを取ってきてくれ。あとはシャドウファントムの素材が必要なんだが・・・仕方ない。これはツケといてやる。200万Gだからな、ワシの秘蔵中の秘蔵アイテムじゃったんだが」



人が立ち寄らなくなった、旧大陸の古城に出没するレアモンスターらしい。

その素材は全て100万を超えるレア素材だという。



「ドルジさん、ありがとう!」

「もう一度、言っておくぞ!ツケだからな!」



俺は、礼を告げたあと速攻でギルドに向かった。





カウンターに向かい、目的のダンジョンの依頼書を探した。

たくさん貼られているけど、目的のものがなかった。

Bクラスまでは、そこで稼いでランクをあげることが出来るので人気のスポットらしい。

貼られるたびに、すぐ持ってかれるようだ。



「依頼を通さないで、入るとなると通行証必要なんだよね?」

「はい、3万Gになります」

「たっか!!」



無理だ、お金に余裕は持っておきたい。

今日は、外で見かけた『いまからステーキ』って店で肉が食いたいんだ。

だから、今日のところは諦めるかと思っていたら、おどおどした声で呼び止められた。



「あの・・・良かったら、一緒に行きませんか?」



そこには、小柄な少女が杖を持って立っていた。

金髪にブルーの瞳がとてもよく似あっていた。



「あの、盗み聞きするつもりはなかったんですが、聞こえてしまって。あの、魔牢のダンジョンに行きたいんですよね?私、実は受けてまして戦闘職ではないので一緒に組む方を探していたんです」





依頼書には、ダイアウルフの牙20個、毛皮30枚と書かれていた。

最深部が7階だから2階でちゃちゃっと集めてついでに7階でマジックストーンを取ってこればいいだけなんだけど・・・出来れば一人で行きたかったんだよな・・・



「ダメ・・・ですか?」



まあ、前に立ってモード使わないで立ち回れば彼女を傷つけずに済むかもしれないと考えた俺は、彼女の申し出を了承した。



「ありがとうございます!私、ユウナって言います。魔法使いです!」

「俺は、下根 太一。たいちでいいよ。よろしく」

「タイチさんですね。よろしくお願いします」



道具屋に寄ってから、向かうので先に門で待っていて欲しいとのことだったので、俺は出店に寄ってから向かうことにした。



寄った出店は、冒険者必須アイテム!という名目で携帯アイテムだとか色々と売っていた。

腰からぶら下げる袋だが、収納スペースはかなり大きくて馬車1台分は余裕で入るというのでそれと複数の衣類を購入した。

上下10着と収納袋で3万Gが吹き飛んだ。



「いや、必要なやつだしね!無駄遣いするまえに買うもの買えたと思えば!後は、スキルだな」



カードを取りだしメニュー欄を開く。

全裸にならなくて済むものはないかと探していると、モードを切り替えることが出来るらしい。

賞金首のとさっきのチンピラを倒したことによりスキルポイントを得ていたみたいで、ちょうど足りた。

早速、取得することにする。



スキル:マイティーブローモード【全身に雷を纏いそのエネルギーを用いて戦う超近接スタイル。触れた相手に対して電撃ダメージも与えるため単体攻撃に特化している】



「名前だけはカッコイイんだよな・・・まあ、いいか。取得」



モードを取得したら、追加でスキルを貰えた



スキル:フラッシュブロー【閃光のような速度で打ち出される打撃技】



「シンプルでいいね!」



これでダイアウルフを心置きなく狩ることが出来る。

せっかく、初PTだっていうのに嫌われたくはない!

門につくと、もう既に買い物は終わっていたらしくキョロキョロと辺りを見渡しているユウナの姿が見えた。



「ごめん、待った?」

「今、来たところです。さあ、行きましょう」











魔牢のダンジョンは鉱山の中にあって、奥に進めば進めば進むほど下に向かって道が出来ている。

地下に進むには、魔法陣があるのでそれを踏むと下の階に行けるシステムだ。



1階は、スライムやゴブリンなどの雑魚モンスターが徘徊している。

雑魚ではあるが、こういう狭い場所での戦闘となると挟撃などのイレギュラー対応が出来なければ大事故につながるから油断大敵だ。



2階は、少し広がり休憩ポイントもあるため狩りには最適といえる。

とりあえず、今日の狩場はここになる。

ユウナの目的を達成したら、俺はそのまま地下に行く予定だ。



「じゃあ、俺が前に出て戦うので支援よろしくね」

「はい!」



ゴブリンが2匹こちらに気づいた。

ぐギ、ギギ、アグと何か言ってるが、もう一人はそれで通じたらしく武器を構えこちらに突進してきた。

早速、俺は先ほど手に入れたスキルを試すことにした。

一応、チャックを開けてポロンと出しておく。

破けても困るしね。



「いくぞ!マイティーブローモード!」



『ちんこぅこぉうか~ん』



どこから出てきたのか、雷がバチバチなってるちんちんが今ついてる自分の息子と入れ替わった。

まさか、脱着可能になってるの?これ。

俺の身体どうなっちゃってるんだよ。



「え?今何かいいました?ちん?」

「え?何か聞こえた?」

「あれ?きの・・・せい・・・だったのかな?」



首をかしげるユウナを見て、上手くごまかせた事にホッとした。

なんだ!ちんこ交換って!聞いてないぞ!いや、聞いてたとしても許せるか!



迫りくるゴブリンにフラッシュブローを叩きこみ、俺の鬱憤を晴らすサンドバッグになってもらおう。

しかし、速すぎるのか、当たった所が爆散して中身を派手にぶちまけていった。

壁や通路にゴブリン達の体液でビチャビチャになっているのを後続のパーティが目撃し口を抑えて走り去っていった。



「ごめん、やりすぎた」

「タイチさん、凄いです!速すぎて魔法撃つ前に終わっちゃいました!よ〜し、次は頑張るぞ!」



拳をぐっと、握りしめて気合いを入れる様子もとても可愛らしかった。

しかし、太一はこの後起こる出来事に恐怖し、何故彼女が一人でいたのか、その理由を知ることになる。

その身をもって・・・

「イカれたやつらがやってきた!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く