話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

オレ様魔王の異世界無双

月田優魔

魔王が退屈により転生する

「この世界にも飽きてきたな、つまらん」


人間を殺し、魔王は呟いた。
今この世界はこのオレ、ガイア・レイヴァルドが支配している。
天界、人間界、魔界全てにおいて暴虐の限りを尽くし、逆らう者はいなくなっていた。
そんな日々が100年続き、魔王ガイアは退屈していた。


「ルークよ、何かよい余興はないか。退屈でかなわん」


臣下のルークに問いかける。


「はい、魔王様。人間の奴隷たちで遊ぶのはいかがでしょう?」


「それはもう飽きた。もっとよい余興はないか?」


ガイアはつまらなさそうに吐き捨てた。


「それでは、天使たちにな何か曲芸でもーーー」


「もうよい、下がれ」


ルークは恐る恐る下がっていく。
つまらん。
退屈で仕方がない。
この世界はオレの支配によって完成された。
完成とはすなわち、その先がもうないことを意味する。
この世界に目新しいものはなくなった。
全てがオレの思い通りになる。
有意義な生活ではあるが、それ故に生に刺激がない。
この世界にもう未練はない。
オレは一つの決断をする。


「決めたぞ。我はしばし5000年の間眠りにつくことにしよう。そして5000年後の世界にて、新たな肉体をもって転生し、新しい世界を満喫しようではないか」


同じ部屋にいる、天使や人間の奴隷にそう言い残した。


転生者タイムリープ


オレは魔法を発動させると、身体が光り輝き、水泡のように消えていった。


その日、世界から魔王が消えた。






そして5000年後、とある村に魔王を宿した赤子が生まれ落ちた。

「オレ様魔王の異世界無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く