話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

オール1から始まる勇者

木嶋隆太

第八十二話 二十七日、二十八日



 俺は一度自室に戻り、メイドのカルラを呼んだ。


「どうしたのでしょうか?」
「この国の……地図をもらえないか? 出来れば北のあたりをわかりやすくした奴だ」
「わかりました。少しお待ちください」


 俺はひとまず持っている世界地図でおおよそのアーフィがいるであろう居場所にあたりをつける。
 ……場所は、今までに訪れたことのない場所だ。三日月型の大陸の北東のほうだ。
 ここからならば……一日程度でいけるであろうその場所に、恐らく敵の拠点があるはずだ。
 しばらくして、カルラが一枚の地図を持ってきてくれた。


「これでよろしいでしょうか?」
「おっ、それだよ。ありがとな」
「いえ、気にしないでください」


 カルラからすぐに受けとって、地図で場所を把握していく。
 世界地図とは大きさが違うため、細かな場所まで良くわかる。
 あちこちの街を見て、迷宮都市の場所もわかる。そこからやや北東へ向かった場所のあたりが、アーフィがいると思われる場所だった。
 その足でリルナのもとへと向かい、部屋でぐだっと横になっているリルナを見つけ、口を開く。


「みんな忙しそうだけど、おまえは相変わらずだな」
「うーん、だって私別にやることないし! 何しにきたの!?」


 ぴょんとあがったリルナだったが、普段のようなおちゃらけた雰囲気はなかった。
 その何かを疑うような視線に、俺は慌てて両手を振った。


「これからアーフィを助けに行くんだ。そんな目で見てくるな」
「よかった。助けに行かないっていったら、どうしてくれようかと思ったよ」
「恐ろしい奴だな。……それで、地図のこの場所にある街なんだが、詳しく教えてくれないか?」
「なんで?」
「……俺はアーフィの眷属って前に言っただろ? なんとなく、ここにアーフィがいる気がするんだ」
「……その街。レヴェンチっていうんだけど、宰相さんが治めていた領地だよ」
「なんだって?」


 予想していなかったわけじゃないが、まさか宰相がいた場所に戻るとは思ってもいなかった。
 ただ……これは少しまずいな。敵からすれば、宰相はもう俺たちの手の中にいる。
 レヴェンチだってこんなときでなければすぐに調査が入るだろう。


 つまり、敵もいつまでも居座る、というわけでもないはずだ。
 アーフィがどこかへ連れて行かれる可能性もある。それこそ、南の国ぺドリック国なども十分考えられる。


 というか、今までアーフィはそこにいたのだから、戻る準備を整えて必ずいつか帰るだろう。
 ……ぺドリック国に行かれたらもうどうしようもない。
 やはり、すぐに出発しないと、だな。……できれば、一日くらいレベル上げをしてからいきたい気持ちもあった。
 ……ヴァイドと今のままやりあって、勝てるのかどうか不安がある。


「なんだか、不安そうだね」
「……当たり前だろ。今までと違って、強くなるための作戦も、考えも何もないんだからね」
「そっか。それでもいくんだ」
「行かないと、リルナに何されるかわからないんだろ?」
「えー、それが理由なの?」
「違うよ。アーフィを助け出したいからに決まっているだろ」
「うん、それだけしっかりしてれば、大丈夫だよ」
「……大丈夫だったらいいんだけどね」


 心持ち一つで勝てるようになるのなら、才能や訓練なんてものはない。
 絶対に越えられない壁というのは確実にある。
 だから、俺は不安だ。けれど、それを忘れるように首を振ってリルナに問う。


「乗り物で……俺でも乗れそうなものってないか?」
「竜ぐらいしかいないよ。頑張って乗ってみるしかないね」
「……そりゃあ、不安だな」


 馬と竜……どっちも乗れそうにないが、移動速度をあげるために、何かしらの生物に乗っていきたい。
 リルナがベッドを押すようにして立ち上がる。
 上を一枚羽織り、靴を履いて首を傾ける。


「ほら、私の可愛い竜を一体貸してあげるよ」
「……え、おまえ竜持ってるの?」
「王族なんてみんな竜持ってるよ? 誕生日にもらえるからね」
「スケールのでかいプレゼントだ」


 にこっとアーフィは笑顔を浮かべる。
 彼女についていき、到着したのは竜舎だ。そこにはブリーダーの人だろうか?
 竜舎を掃除している人や、竜に実際に乗っている人もいる。
 ……ここにいる竜は地竜ばかりのようだ。とういか、空を飛ぶような竜は、ほとんどいないんだよな。


「リルナ王女様。どうしたのですか?」
「私のピナちゃんいますか?」


 ピナちゃん? ……まあ、名前にあれこれ言うつもりはない。


「ええ、元気ですよ。ピナっ」


 声をあげると、ピナと呼ばれた竜がその場で飛び上がるように体を起こす。
 後ろ足でたち、その場で奇妙なダンスを見せたピナへ、リルナがゆっくりと歩いていく。
 ……それにしても、背筋もぴんとして、本当に別人だよな。


 リルナが近づくと、鼻息あらいピナは段々と落ち着いていく。リルナが一度撫でると、犬や猫のように従順な態度を見せる。
 ……彼女とピナの友好関係を垣間見た気がする。
 竜を貸してもらって、俺にどうにかできるのか?


 不安だが俺には人を操る力がある。


「ハヤト、来てください。心を偽らず、素直な気持ちでピナを撫でてあげてください」
「……ああ」


 動物は人間の本性を見破れる、とか聞いたことがある。
 偽りない気持ち。アーフィが好きで、アーフィを助けたい。
 その真っ直ぐな気持ちを持ち、俺はピナへと近づいていく。


「この子はかなーり気性が荒いのですが、とても可愛い子ですよ」


 ていうか、そうなったのはおまえが甘やかしたからなんじゃないの?
 リルナが丁寧に俺に教えてくれたが……さて、どうなるか。
 一歩、一歩と距離が縮み、竜は俺を一瞥する。
 せっかくのリルナとの時間を邪魔するなってか?
 リルナがピナに微笑む。ピナは俺をしばらく見て……やがて頭を深くさげた。


「おおっ! リルナ様以外にこんな姿を見せるのは初めてではないか!?」


 興奮したブリーダーが、声をあげて近くのブリーダーの背中を叩いている。


「……認められたってことか?」
「さすが……精霊の使いですなっ。この竜もその潜在的な力を見破ったのであろう! ハッハッハッ、まったく精霊の使いとは素晴らしいですな!」


 ブリーダーが腕を組んで微笑んでいる。
 ……力を使わなくていいのなら、それに越したことはない。
 竜に近づき、優しく撫でると竜は目を閉じて喉をならす。
 ……確かに、サイズはおかしいが犬みたいな感じで可愛いな。


「ピナ、ハヤトの言うことを聞いて、彼に協力してあげてください。今、彼はちょっと困ってるんです」
「……ピナ、いきなりで悪いが俺を乗せて目的の街まで走ってくれないか?」
「ピィーピィー!」


 任せろ、とばかりに頭を縦に振る。地竜というのは随分と賢い生き物のようだ。
 というか、他の地竜の唸るような声とは違い、随分と鳴き声に特徴があるな。
 ピナという名前の由来をかいまみたような気がする。


「それじゃあ……こいつを借りていっても良いか?」
「はい」


 ここでダメだよー! なんていわれたら時間を返せと拳骨していたところだ。
 ピナの足を使って背中に乗る。


「ピナは地竜と火竜から生まれた子どもでな。火竜の気性の荒さに、地竜のずっしりとした身体を併せ持つ、かなりいい竜なんだ。……ま、乗り手をかなり選ぶっていう問題もあるけどな」
「……へえ、おっと!」


 ピナが後ろ足で立とうとするのだから、すかさず手綱を握る。
 本当に元気な奴だな。
 時間があれば、アーフィとのんびり乗ってみたいものだ。
 しばらくしてドスンと、地面に前足を叩きつけ、ピナがどかんと柵を破壊して飛び出す。


「久しぶりに走れるっていうもんだから、うずうずしているようだな! 精霊の使い様! そいつを操るなら、目的の方角から逸れないように注意しときな! 勝手に走るから、あくまでもその気持ちを妨害しないように!」
「りょーかいだっ!」


 上下に揺れる背中に乗り、上手く体を張り付かせていく。
 ……竜車をひく地竜がどれだけ利口で、温厚なのか良くわかる。
 話もそこそこにピナは竜舎を飛び出す。


 それこそ、前しか見えないピナが、建物へと突っこもうとするので、慌てて手綱を引っ張る。
 右に左に暴れるピナにしがみつくと、ピナも嬉しそうに顔をこちらに向ける。


 ……俺についてこれるかな? みたいな生意気な顔をしていやがる。
 ピナが地面を蹴って、そのまま街の外まで駆け抜ける。
 竜が通るための道を抜けていったが、それでも道中の人たちを何度かひきそうになった。


 あぶない地竜だ。
 どうにか街の外に出て、手綱を引いて目的の方角へと誘導する。
 ピナは顔をそちらに向けると、地面を蹴りつけて一気に駆ける。


 これなら……一日もあれば着くはずだ。
 魔物が何体かこちらへと近づいてくるが、地竜を見るとすぐに逃げる。たまに挑戦してこようとするのもいたが、ピナに乗りながら剣を振りぬいて切り刻む。
 さすがに……騎乗しながらの戦闘は難しい部分もある。
 ……目的の街は、一日かからずに到着した。
 ピナが速く、体力も多くあるおかげだ。


 近くまできたことでか、胸に刻まれている眷属の証の光が強くなっているような気がした。
 時計を取り出し、ピナに手綱を叩きつけて、ゆっくりと歩かせる。


 だいぶ、俺の言うことを聞いてくれるようになったな。
 ピナからおり、手綱をリード代わりに引いていく。
 街の門へと近づき、ピナとともに列へと並ぶ。


 周囲をみて鼻息荒くピナは体を揺らす。……あんまり興奮しないでくれっての。
 ピナを見ながら俺はアーフィへと意識を向ける。
 ……やっぱり、ここだ。


 この街の中からアーフィを感じることができた。
 正確な位置は……はっきりとはしなかったが、ここまで来れば十分だ。
 ピナとともに街へ踏み込んでいった。





「オール1から始まる勇者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く